ピープル
いい男に会いたい!

佐藤寛太「俳優をやめてもいいと思えるくらい熱い想いを注いだ」全力で挑んだ運命的な作品『軍艦少年』

佐藤寛太

『HiGH&LOW』シリーズでも男臭い作品が似合うことを証明してきた佐藤寛太さんが、主演映画『軍艦少年』で気の荒い不良少年を熱演。

原作を読んで一目ぼれした役柄に、俳優人生を懸けるほどの意気込みで撮影に挑んだようです。
pattern_1

【PROFILE】

1996年6月16日生まれ。福岡県出身。2015年より劇団EXILEメンバーとして活躍している。これまで映画『HiGH&LOW THE MOVIE』や『イタズラなKiss THE MOVIE』などに出演。

「俳優をやめてもいいと思えるくらい熱い想いを注ぎました」

「クランクアップしてから、燃え尽き症候群になってしまって。しばらく他の仕事に集中できない日々が続きました。それくらい『軍艦少年』は僕が全力を注いで挑んだ映画なんです……って、暑苦しいことを言うとダサい感じになりそうですが(笑)」

原作漫画や台本を読んで、『軍艦少年』の世界観や人間模様にのめり込んだという佐藤寛太さん。俳優として運命的な作品になる予感があったそう。

「母親を亡くした少年がグレてしまい、喧嘩に明け暮れるヤンキーになってしまう。あらすじを説明するとよくある作品に思えるかもしれませんが、原作者の柳内先生の絵には見る者の魂を揺さぶるパワーがあるし、主人公の海星も決してクズではなく、僕にはめちゃくちゃ健全で魅力的に見えました。

だから、自分が演じるからには、映画館に足を運んでくれた人に、漫画で得られる以上の感動を受け取ってもらえないと意味がないなと。それができないのであれば、俳優に向いてないんじゃないか、そう思っています」
次のページ>>事前に筋トレを重ね体重を5㎏増やした  
23 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ