ピープル
あの人に会いたい!

俳優・成田凌をつくり出す静かな俯瞰力「壁にぶつかったら、一回離れる。ずっと考えていると挟まって自由がきかなくなるから」 

今や若手実力派俳優として不動の地位を築いている成田凌さん。8月5日より公開の主演映画『コンビニエンス・ストーリー』では、スランプに陥っている脚本家を演じています。ドラマ『時効警察』シリーズや映画『大怪獣のあとしまつ』で知られる三木聡監督の、不思議ワールドが炸裂した一作。その中で、異世界に迷い込み戸惑う成田さんのエモい演技は必見です!

「with online」では成田凌さんにスペシャルインタビュー。作品のこと、プライベートについてetc、【前・後編】で! どうぞお楽しみください。

「今回の役柄に対しては、作り込まずにフラットな状態でいました」

作品の中でも、存在感あふれるたたずまいは必見!

pattern_1
今作で成田さんが演じているのは、スランプ中の売れない脚本家・加藤。恋人ともギスギスしていてフラストレーションがたまっている中、ひょんなきっかけで訪れた人里離れた山の中で、不思議なコンビニに迷い込みます。そこで出会った惠子(前田敦子)とその夫(六角精児)の家に泊めてもらいますが、惠子に誘惑され、勢いで不倫関係に……という、何ともつかみどころのない役どころ。

まずはその役との向き合い方についての質問から。

ーー役作りは難しかったのではないでしょうか?

僕が演じている加藤という人間は、この異世界に入っていって戸惑っていく人。なのでお客さんと一番近い立場なのかなあ、と思っていましたね。だから特に役作りというのはなくて、ただリアクションするといいますか、起きることに戸惑いながら対応していく、という感じでした。これといってすごいキャラクターがあるわけでもないので、撮影も「純粋に反応していく」という感じですかね。あまり作り込んでいってもかえって邪魔になると思って、すごくフラットな状態でいました。

――脚本家という役どころについては、何かイメージ作りはされたんでしょうか?

脚本家も人それぞれだと思うので、そこに関してはとくに役作りはしていないですね。ただ、気の抜けたリラックスした人間であればいいな、とは思って演じていました。書けない、書けていない……、このモヤモヤみたいなのは持ってはいたいかな、と。それゆえ人にあまり優しくできない時間があったり、不器用になっちゃう瞬間みたいなのがあるかなあと思っていたので、ちょっとした焦りやいら立ちみたいなことは大事にしていたと思います。
pattern_1
次のページ>>三木監督ならではの不思議な世界観。成田さんが考えるその魅力とは?
29 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ