ピープル
いい男に会いたい!
07.Mar.2018

【俳優 阪本奨悟】2.5次元は「自分の出発点」一回り成長した姿を見せたい

2年前よりも、成長した姿を見て欲しい

withで好評連載中「2.5次元と飛躍」では、今回俳優の阪本奨悟さんを大特集しました! 
ミュージカル『刀剣乱舞』の2018年新作キャストに、堀川国広役として抜擢された阪本奨悟さん。実は2012年末から2年ほど、俳優としての活動を一度ストップし、単身東京を離れ音楽の道を進んでいたそうです。

久しぶりとなる舞台について、またシンガーソングライターとして活動を始めたきっかけなどをお伺いしました。

2.5次元は「自分の出発点」。 一回り成長した姿を見せたい

 昨年末、さいたまスーパーアリーナで行われた『真剣乱舞祭 2017』。その最終日にとある発表がなされ話題となった。ミュージカル『刀剣乱舞』の2018年春の新作キャストに、堀川国広役として阪本奨悟さんが抜擢されたのだ。実は2.5次元作品への出演は9年ぶりとなる。
 「率直に嬉しかったです。2.5次元は自分にとって出発点なんで特別です。事前に何度か拝見しミュージカル『刀剣乱舞』はすごく現代的な要素がありとてもバラエティ豊かだと感じました。また僕自身、殺陣は初めてで一つチャレンジだし、それに自分の大好きな歌も歌える。観に来てくださる方に一回り成長した姿を見せたいって思ってます」
pattern_1
 なぜ久しぶりなのかというと、阪本さんは2012年末から2年ほど、俳優としての活動を一度ストップし、単身東京を離れ音楽の道を進んだのだ。
 「ミュージカル『テニスの王子様』に出演している中、当時高校生だったんですが、そこで歌への興味が出てきたんです。そもそもこの世界に入ったきっかけは母親の勧めだったこともあり、歌の魅力と出会った当時、そこから自分がやりたいことを正直にやってみようって気持ちが強くなったんです」
 実家の兵庫に戻り、関西を中心にライブを行った。しかし曲を書き、各地を演奏して回るなかで、芝居への想いがつのっていったという。
pattern_1
「音楽で何かを表現しようとすると、役者としての経験が生きてくる。そのことに気付かされたんです」
 当時のスタッフから「もう一度東京でやってみない?」と声がかかり、2014年にシンガー・ソングライターとして活動をスタート。昨年、福山雅治さんのプロデュースでメジャーデビューを果たした。
 「福山さんが僕の歌詞に『綺麗にまとまってるけど、本当にこんなに綺麗な奨悟だったの?』と指摘して頂いて、その時に嘘はよくない、自分を美化せずに感じたものをリアルに表現しなきゃって気付けて。だから同じくお芝居でも真摯に自分を出していきたいです」

【with online限定配信中】撮影の裏側をお届けしてます!

onlineでしか見れない、限定動画を配信中!
撮影の裏側はこちらから!!

阪本奨悟さんのプロフィール

阪本奨悟:1993年6月13日生まれ。兵庫県出身。小学生の頃から役者として活動し、2007年にミュージカル『テニスの王子様』で越前リョーマ役に抜擢。また2011年にはNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」に出演。2012年に音楽の道を志し、地元兵庫で単身音楽活動を開始。2年間の自主活動を経て、2014年にシンガーソングライターとして東京での活動を再開。2017年にシングル「鼻声/しょっぱい涙」でメジャーデビュー。2018年春のミュージカル『「刀剣乱舞」~結びの響き、始まりの音~』では堀川国広役を演じる。

撮影/笠井爾示 スタイリスト/伊藤省吾 ヘア&メイク/木内真奈美 取材・文/飯田ネオ デザイン/ohmae-d

Tシャツ¥7800、パンツ¥14800/ MR.OLIVE(WALK IN CLOSET代官山)
15 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ