ピープル
あの人に会いたい!

【新刊発売】<後編>プロアスリート・羽生結弦さんの競技人生から学ぶ「挑戦し続ける」秘訣

2014年ソチオリンピック、2018年平昌オリンピックのフィギュアスケートで2大会連続金メダルを獲得し、2022年北京オリンピックでは、いまだかつてない4回転半ジャンプに挑戦したアスリートの羽生結弦さん。

2022年7月には、今後競技会には出場せずアイスショーなどを中心に活動するプロに転向することを表明し、この11月には自身がプロデュースする単独アイスショー『プロローグ』を開催。競技会さながらの6分間練習から始まり、平昌五輪フリーの「SEIMEI」、羽生さん自ら振り付けをした新作のプログラム『いつか終わる夢』などを熱演。コンセプトや構成を自ら手がけ、出演は一人だけという、前代未聞の挑戦をやってのけました。

これからの羽生さんの活躍に期待する人も多いなか、彼の競技人生をまとめた一冊の書籍『羽生結弦 アマチュア時代 全記録』(CCCメディアハウス)が発売。2004年に初めて全国大会に出場してから、プロ転向の決意を宣言するまでの18年間を全528点の報道写真とともに振り返ることができる永久保存版的一冊は、発売前重版がかかるほど話題に!

後編では何かを残したいと自分自身と戦った競技人生後半、そしてプロ転向への挑戦について語った会見内容など、本書から抜粋してご紹介します。

with読者にも勇気や希望を与えていた、羽生結弦のあの日の勇姿

pattern_1
『羽生結弦 アマチュア時代 全記録』160頁より ⓒ時事
自分がフィギュアスケートをすることで、他者に何を与えられるかを考えていた羽生さんの想いは私たちに確かな希望を与えました。『with』読者組織・withLabメンバーも背中を押されていたようです。

withLabエディター 島崎レイコさん

平昌オリンピックでの羽生さんの演技を観て釘付けになりました。当時の私は、出産から一年たち育休がまもなく終わるというタイミング。仕事の拠点も東京から地方に移り、これからどう仕事と育児を両立したらいいか不安でしたが、フリーの『SEIMEI』、最後の3回転ルッツを観て感動! 彼の強さに勇気をもらいました

withLabSTAR100 松川莉穂さん

私は宮城出身で看護師をしています。羽生さんが平昌オリンピックで優勝し、宮城での凱旋パレードがテレビで放送されていたのを勤務先の病院で患者さんと観ていたのですが、その場にいた全員が笑顔でテレビに夢中になっていたんです。その日は一日中羽生さんの話題で持ちきり! あんな偉業を成し遂げたのに常に謙虚な姿も同世代として尊敬していますし、力をもらっています

【2021年北京五輪】「自分自身に勝ちたい」「何かを残したい」と挑んだ4回転半ジャンプ

羽生さんが4回転半ジャンプに挑戦した2022年北京オリンピックは記憶に新しいはず。この挑戦は、自身も「練習すればどんどん他のジャンプも崩れていくし、ダメになっていくし、足も痛くなる」と言うほどリスクが伴います。
しかし、2017年のグランプリシリーズで自身の世界最高点を更新した時「この点数がまた壁になる。越えるために日々努力する」と、平昌オリンピックで金メダルを獲った際に「何より、自分に勝てた」とコメントするなど、どんな状況下でも自分と戦っていた羽生さんは、4回転半ジャンプを通してまた自分自身と向き合うことを決めていたのです。

平昌オリンピック後、2019年の世界選手権で羽生さんは、合計300点以上をマークしたものの、アメリカのネーサン・チェン選手に敗れ、「彼(チェン)へのリスペクトがあるからこそ勝ちたい」「完全に実力不足。得点源のジャンプをもっと増やさないと」と悔しさをにじませていました。

驚いたのは、それと同時に「スポーツはやっぱり楽しい。強い相手を見たときにぞわっとするような感覚をもっと味わいつつ勝ちたい。そのためにアクセル(4回転半)もある」と語り、ワクワクした様子がうかがえたこと。

スケート界全体のレベルが上がるなか、羽生さんは他の誰にも負けたくないという気持ちと、それ以上に“内なる自分”に勝ちたいという向上心や好奇心を持ち続けていました。
pattern_1
『羽生結弦 アマチュア時代 全記録』220頁より ⓒAFP=時事
そこに加えてコロナ禍という状況。閉鎖的なムードが世の中に漂っていましたが、2021年世界選手権で羽生さんは多くの人から前向きな言葉を掛けられたといいます。それを受けて、「誰かのためになれているのかな、という感じがして、それを常に心の中に持ちながら演技したい」「1秒に満たない瞬間でもいい。誰かの(心の)中に残る演技をすべきだ」と決意を語っていました。

自分と向き合い、みんなの思いを抱えてむかえた北京オリンピックのショートプログラム、他の選手のジャンプでできたくぼみに足を取られ出遅れた羽生さん。フリーでは宣言通り4回転半に挑戦するも、自信が思い描いただろう完璧な出来とはいえませんでした。それでも、前人未到の領域に果敢に挑む羽生結弦選手の姿に、「自分も頑張ろう」と希望をもらった人は多かったに違いありません。
次のページ>>「常にうまくなることが楽しみ」純粋な気持ちを語ったプロへの転向表明
23 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ