ピープル
いい男に会いたい!

宮野真守「僕は王子様でも帝王でもない。変なおじさんですよ(笑)」

宮野真守【声と形を行き来する】

『桜蘭高校ホスト部』の須王環や『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE』シリーズの一ノ瀬トキヤなど、声優として数々の王子様キャラに命を吹き込んできた存在。アーティストとしてアリーナツアーを成功させるなど、生身の歌やダンスでファンを酔わせることもできる。

果たしてどんな意気込みで声とカラダを磨き上げ、唯一無二のキャリアを築いてきたのか? 働くOLを勇気づけるように、インタビューを通して力強いトーンで自身の生き様や考え方を明かしてくれた。もちろん宮野真守らしく、随所に笑いを交えながら。
pattern_1
シャツ¥55000、スーツオーダー価格¥358600〜、シューズ参考商品/GIORGIO ARMAN(I ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

最近の日課は腕立て伏せ90回。やりすぎは仕事に支障が!?

“いい声”と“いいカラダ”を切り離して考えることはできない。その理想のバランスを約20年の声優生活で模索してきた。

「専門的な観点で見ると、筋肉をつけ過ぎると声が響かなくなってくるらしいんですよ。だから、あえて強引に鍛えない歌い手さんが多いと聞きます。でも僕は一時期、カラダを大きくするためだけの筋トレに熱中していました(笑)。あの頃は服のサイズが合わなかったな(笑)。

今はジムに通うのがなかなか難しい状況なので、自宅で腕立て伏せをやるくらいです。ノルマは90回……我ながら中途半端な数(笑)」

僕は王子様でも帝王でもない。変なおじさんですよ(笑)。

これまで数々のアニメ作品やミュージカル、アーティスト活動を通して“キラキラの王子様”を体現してきた存在。イタリアが誇るビッグメゾンのスーツも、帝王のようなオーラを放ってサラリと着こなしてしまう。

そんな感想を伝えると「いやいや王子様でも帝王でもなくて、僕の正体は変なおじさんですよ(笑)! 志村けんさんを見て育ったので(笑)」などと言ってしまう。

これこそ大人の余裕。二枚目な仕事ぶりと無邪気な素顔のギャップが色気を際立たせている。
次のページ>>自分に自信を持つことが大切
29 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ