ピープル
いい男に会いたい!

【関ジャニ∞】 with10月号登場&創刊40周年記念!<歴代連載担当者座談会>を公開

創刊40周年を祝したオトナなタキシード姿で10月号カバーに登場!

with10月号の表紙特別企画に華々しく登場してくれた関ジャニ∞のみなさん。

実は関ジャニ∞の皆さんは4年半にわたり連載を担当するなど、『with』ととても縁の深い方々。自身初の女性誌連載となった「東京散歩。」、毎回メンバーが二人ずつ登場し各コンビのエピソードを深掘りしていったC∞MBI i」、そしてデビュー10周年を記念しそれぞれが「自分らしくいられる場所」を訪れ、10000字に及ぶインタビューに向き合った「Free!!」。さまざまなかたちでメンバーの魅力に触れてきた3つの連載は、『with』の中でもレジェンド的な企画として語り継がれるほど、大変に人気の高いものでした。

そこで『with』10月号では、なんと創刊40周年記念企画として初代連載「東京散歩。」を限定復刻! 大人になり日本を代表するアーティストとなった今、さらに絆が深まっている絶妙なチームワークをわちゃわちゃ感たっぷりでお届けしています。

今回with onlineでは、関ジャニ∞の皆さんのご出演と創刊40周年を祝し、過去3本の連載担当が集合。当時の撮影エピソードを交えながら各連載を振り返る座談会を実施しました! 当時連載をご覧になっていた皆さん、そして新たにファンになったという皆さんにぜひ撮影の風景を感じながら、with10月号とともにお楽しみいただけたら嬉しいです。

関ジャニ∞の人気3連載を、歴代担当者が振り返ります!

「東京散歩。」担当T
「C♾MBIi」担当S
「Free!!」with10月号 担当G

G「『with』は10月号で創刊40周年。 表紙と特集には連載でとってもお世話になった関ジャニ∞の皆さんに登場いただきました!」

T「タキシード、いいですね。かっこいい!」

G「着替えを済ませたメンバーがタキシード姿で登場したときには思わずスタッフからも“おーっ!”って拍手が。カメラマンの北島明さんも“さすがの迫力。めちゃくちゃかっこいいね!”って。なんかすごく“スター”という空気に包まれていました」

S「シュッとしていてやっぱりオーラが違う!」

T「それなのに、親しみやすい雰囲気を作ってくれるのがすごいですよね」

G「今回は表紙も合わせたら4企画も撮影し大変だったはずなのに、スタッフとコミュニケーションをはかりながらテーマごとに全部演じ分けてくれて。最後までTHE 関ジャニ∞という感じの、ユーモアとかセンスがギュッとしている現場でした。復刻版『東京散歩。』の撮影では、メンバー同士がツッコんだり笑いあったり。セルフシャッターだから”OK、撮れたやろ!”ってそれぞれ数枚ずつしか撮影していないんです。にもかかわらず、どれも完璧な仕上がりだったのが素晴らしかった!」

T「『東京散歩。』スタート時は女性誌で初の連載だったこともあって安田(章大)さんたちが“ありがとう。ずっとやりたかったんです!”と話してくれていたのが印象的でした」

S「初回は、屋根のない二階建てバスに乗っていましたよね! 」

T「連載のタイトル通りに、まずは東京を巡ろうと。いきなり朝6時集合!という早朝からの取り組みでしたけど、それでもみなさん、すごく元気に撮影に参加してくれたことを覚えています。初めての『24時間テレビ』が終わった頃、下町のほうでロケをしていたら“あ、24時間のお兄ちゃんだ!”って近所の子供たちが手をふっていて。そうやってどんどん日本中の方に愛されていく感じを撮影をするたびにチームの皆さんで実感できたのも嬉しかったですね」
次のページ>>連載「東京散歩。」料理シーンの撮影で苦戦していたのはムードメーカーのあのメンバー。  
36 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ