ピープル
いい男に会いたい!

【関ジャニ∞】 with10月号登場&創刊40周年記念!<歴代連載担当者座談会>を公開

連載「東京散歩。」料理シーンの撮影で苦戦していたのはムードメーカーのあのメンバー。

S「どんどん忙しさも増していったし、撮影時間の確保も大変だったんじゃないですか?」

T「まさに! だけどどうしてもロケが難しいというときでも、メンバーはいつでも協力的だったし、テーマにあわせてゆるい雰囲気もかっこいい感じもきちんと対応してくれていました。引き出しがいろいろとある方たちですよね。ホテルとか大人っぽい設定は大倉(忠義)さんが得意で」

G安田さんは撮影のイメージをグッとリードして表現してくれることが多いよね」

T「器用でなんでもできるから、料理の撮影のときもとても上手で驚きました。そのときパートナーだった丸山(隆平)さんはたこ糸でお肉を縛ることとかちょっと苦戦していたかな(笑)。でも丸山さんはとにかく現場をあたためてくれる! そういえば、第16回目の撮影は雨で急遽スタジオ撮影に変わったんですが、このとき撮影のセッティングを見た丸山さんがヘアスタイルをくるんくるんにしようと提案してくれて。だけど少し時間がかかるので、心配しながらそれを村上(信五)さんに伝えたところ、爽やかに「ええよ!」とひとこと。それで、ちょっと新鮮なビジュアルを作りこんだんです。1時間くらいの間、村上さんはずっと読書して待っていてくれて。ふたりの愛を感じた瞬間でした」
S「メンバー全員が集合して撮影するときも、丸山さんがムードメーカーとしてボソッとおもしろいことを言ってくれたりするので、空気がやわらいでいい表情を撮れることが多いんですよね。ツボに入ってしまったのか、大倉さんが“もう、マル!”ってずっと笑っていたこともありました」

T横山(裕)さんはバーベキューのロケがすごく楽しそうで、お肉を焼いたり積極的に取り組んでくれていました。手際もよくってびっくり!」
pattern_1
「Free!!」撮影時に安田さんが浜辺で作ってくれた”with”
次のページ>>メンバーのさりげない優しさは、いつでもスタッフ間で話題に。  
36 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ