ピープル
いい男に会いたい!
21.Apr.2019

【NCT 127インタビュー】『挑戦大好きです』日本初のフルアルバム『Awaken』について語る!

キーワードは〝挑戦〞。多国籍という強みを生かして常に新しいステージをお見せします!

「チャレンジ精神こそがNCT 127の最大の強み」と自負するメンバーたちが、日本初のフルアルバム『Awaken』についてや、日本滞在中にやってみたいことなどを教えてくれました。
pattern_1
左からJOHNNY、MARK、JAEHYUN、TAEYONG、YUTA、TAEIL、JUNGWOO、DOYOUNG

▼メンバーの詳しいプロフィールはこちら

チャレンジ精神こそがNCT 127の最大の強み

2016年7月に韓国でデビューし、昨年5月に日本デビューも果たしたNCT 127。韓国、日本、アメリカ、カナダという4カ国出身のメンバー9人から成るグローバルなダンスボーカルグループ。その魅力は「Neo Culture Technology」の頭文字に韓国・ソウルの経度127を冠したグループ名が物語るように、K -POPならではの男らしさと美しさを兼ね備えたクオリティの高いパフォーマンスを軸としながらも、曲を出すたびに新しい音楽性とダンスを繰り出してくる革新性だ。実際、メンバーたちも「チャレンジ精神こそがNCT 127の最大の強み」と自負する。

テヨン 「僕たちはこれまで常に新しいテーマを与えられてきたけど、自信を持って作品を作ろうとしてきました。歌、ダンス、ステージ衣装、舞台演出……。自信があったからこそ、僕たちはここまで来ることができたのだと思います」
マーク 「個々のメンバーカラーが全く異なるのも強みかなと。その個性をもっと目立たせることができたら、もっとすごいことを成し遂げられると信じています」

4月にリリースされる日本初のフルアルバム『Awaken』も、これまでのヒップホップなナンバーを特徴としつつも、インベーダーダンスや初バラードといった"挑戦"がフルに散りばめられている。

テイル 「このアルバムは、自己を見つめ直し、新たな自分を発見し、覚醒していく、というコンセプトのもとに作られた1枚です。それだけにMVもこれまでのNCT 127とはひと味違っていて、メンバー一人一人の個性が際立っているシーンもあります」
ユウタ 「リード曲の『Wakey-Wakey』はインベーダーゲームをイメージした振付けになっているんです。立ち位置もロボットみたいに移動しているので、面白いと思います!」
ドヨン 「すごくスピーディーで繊細で難しい振付けだったので、正直最初はできるかな……と心配でした。でもできた!(笑)それだけに、今までにない魅力的なMVになったと自信を持っています」

ちなみに、メンバーの中で一番"挑戦"しているとなると、誰なのだろう?

ジョンウ 「僕はドヨン兄さんだと思います。すごくスマートで考え方も人と違うし、新世代という感じがします。一方で機械に関しては、ジャニーさん。新しい機械が出たらすぐ買っていますよね?」
ジャニー 「挑戦、大好きです(笑)」マーク 「ヘチャンも、新しい電化製品をすぐに使いこなす印象があります。僕も使い方が分からないときは、ヘチャンに聞いているから」
ジェヒョン 「僕はテイルお兄さんだと思います。ギターに挑戦して、あっという間に上達しました。尊敬します」
ドヨン 「テイル兄さんは、食べたことがないものを何でも食べたがるタイプでもあります。怖いもの知らずです(笑)」

次のページは>>ルールを作らなかったことで絆を深めることができた

 
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ