ピープル
いい男に会いたい!
20.Aug.2019

【横浜流星の軌跡 2018 - 2019】話題の出演作品や大ブレイクを予感させるコメントの数々をプレイバック!

短い期間で、立て続けに話題作に出演してきた横浜流星さん。その活躍を追いかけてきた『with』の誌面をプレイバック! 現在の大ブレイクを予感させるコメントの数々に注目。
pattern_1

横浜流星

1996年9月16日生まれ。神奈川県出身。2011年、俳優デビュー。近年は『愛唄 -約束のナクヒト-』、『チア男子!!』など主演映画が立て続けに公開。今後は映画『いなくなれ、群青』が9月6日公開予定。
パンツ¥24000/ブフト(HEMT PR)、その他/スタイリスト私物

BIOGRAPHY

[2018年7月公開] 映画『虹色デイズ』

原作は水野美波による同名の人気コミック。男子高校生4人の友情と恋を描く感動青春ストーリーで、佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星がカルテット主演。横浜さんが演じたのは、学年を代表する爽やかなモテ男の“恵ちゃん”。仲間の恋を見守る優しさや、実は超ドSな一面を持つ奥行きのあるキャラクターを好演した。

[2018年12月公開] 映画『青の帰り道』

群馬県前橋市と東京を舞台に、人生が交差する7人の姿を描いた青春群像劇。キャストには真野恵里菜や清水くるみなどの若手が集結。横浜さん演じるリョウは、高校を卒業したのちに大工として働き始めるものの、非行に走りクビになる。仲間の中では誰よりも仲間思いな若者を泥臭い芝居で熱演。幅広い演技力を知らしめた。

[2019年1月公開] 映画『愛唄 –約束のナクヒト–』

「キセキ –あの日のソビト–」に続く「GReeeeN」の楽曲映画化プロジェクト第2弾で、名曲「愛唄」をモチーフに贈る青春ラブストーリー。ある日突然、人生のタイムリミットを知ったトオル(横浜流星)は、元バンドマンの旧友・龍也(飯島寛騎)とトオルを変えた詩を書いた凪(清原果耶)に出会い、全力で恋と向き合う勇気を得る。

[2019年3月公開] 映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』

「壁ドン」ブームの火付け役になった渡辺あゆの人気漫画を再映画化。高校3年生の西森葵(上白石萌音)と久我山柊聖(杉野遥亮)は幸せな同居生活を送っていたが、アメリカから突然、柊聖のいとこ・久我山玲苑(横浜流星)がやってくる。2人を引き離そうとする玲苑を含めた3人の同居生活がスタートするが……。

[2019年1月~3月] ドラマ『初めて恋をした日に読む話』

大学受験失敗後、就職も結婚もうまくいかないままでアラサーを迎えていた塾講師の順子(深田恭子)は、ある日、超おバカ高校に通う由利(横浜流星)と出会う。由利は自分を縛る父親への反発心から、順子に「俺を東京大学に入れてくれない」と言ってきて……。ピンク髪の“ユリユリ”を演じた横浜さんが大ブレイクした作品。

[2019年5月公開] 映画『チア男子!!』

直木賞作家の朝井リョウが実在する男子チアチームをモデルにし、アニメや舞台にもなった同名小説を実写映画化。柔道を続けるべきか迷っている晴希(横浜流星)に、親友の一馬(中尾暢樹)が「やりたいことがある」と、突然柔道をやめると宣言する。一馬が晴希と一緒にやりたいこと、それは男子チアリーディング部の創設だった。
次のページ>>『with』の誌面をプレイバック!
49 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ