ピープル
あの人に会いたい!

【 SixTONES 座談・前編】6人の”ちょっと懐かしい”おしゃれHISTORYを大公開!【インタビュー】

圧倒的なカリスマ性を持ちながらも、すぐ近くで笑い合っているような魅力が満載。スタイリッシュなモードがよく似合うオーラが溢れまくりなのに、やんちゃな「男子感」にきゅんとくる......。

高い音楽性もトークもぜーんぶまとめて、一度触れたらトリコになってしまうこと間違いなし! 今、最も「一生ついていきたくなる」最強の男たち、SixTONES

全国ツアー『Feel da CITY』の完走を遂げ、8日にリリースするニューシングル『わたし』が早くも話題のSixTONESにクローズアップ! with4月号に掲載されたインタビューを限定公開いたします。

今回は、メンバーが全員で語り合った超大ボリュームのグループトーク前半をお届け♡ どうぞじっくりとお楽しみください。

SixTONES – わたし [YouTube ver.] / Watashi [YouTube ver.]

SixTONESのおしゃれHISTORY、 大公開!

センス溢れる6人にも"若気のいたり"な日々があったってホント?
おしゃれの変遷をたっぷりとクロストークしてもらいました♡

振り付け確認のために
昔の映像を見ると、
今と同じ服の自分がいる​


−−今日はみなさんのファッションにまつわる思い出を聞いていきたいと思います。
田中 それで言うとオレら、少し前に振付師さんに「全員10代の頃からレッスン着が変わらない」って言われた(笑)。
松村 レッスン着は確かにそうね。
田中 普通はデビューすると、みんなちょっといいものをレッスン着にしたりするんだけど、オレらはずーっと同じようなジャージを着てる(笑)。
森本 ダサいっす(笑)!
ジェシー 結局ラクだからね。
京本 何も考えずに持ってきちゃう。
髙地 今やっているライブツアーのメイキング映像でも、多分オレらずっと同じレッスン着で映ってるわ(笑)。
京本 オレ、長年はいてたジャージがあったんですけど、最近そのサイドのライン部分がパカパカ外れちゃって。
ジェシー それぐらい頑張ってきた!
京本 それで初めて、ズボン捨てました。……寂しかった。
田中 勿体ない。捨てるのはないだろ!
髙地 言ってくれれば……くれよ!
森本 あのピンクのラインの?
京本 そう。ピンクラインの。

「オレらはレッスン着がずっと変わらない!」(森本)

森本 ゴールドラインのもあるよね。オレらはレッスン着がずっと変わらないから、全員のを覚えてる。
田中 そうそう。レッスン着が変わらない。振り付けの確認に、昔の映像を見てみたら、そこには今の自分とまったく同じ服を着た自分がいるっていう(笑)。
森本 すごいよね(笑)。北斗も中学のジャージ、いまだに着てるよね。
松村 いや、着てねーわ(笑)!
森本 髙地もね、高校生の頃からのヘルメット、今もかぶってるよね。
髙地 かぶってねーわ(笑)!

−−お互いに「○○と言えばコレ!」みたいなスタイルはありました?
森本 ありましたよ! ジェシーと言えば、バスケットパンツね!
髙地 バスパン! 緑のバスパン!
ジェシー そうだね。オレのお父さんが買ってきたやつをみんなに渡して。今もたまに髙地が着てる。
髙地 さすがに着てないわ(笑)。
田中 あと北斗は、ライン部分が豹柄のジャージを着てた。
髙地 あーーー! 着てたね(笑)!
ジェシー あとはスパンコールのついたスニーカー。
松村 手でなでると色が変わるやつ!
次のページ>>「きょもといえば、○○○だよね!」京本さんのスタイルを象徴していたアイテムとは?
39 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ