ピープル
あの人に会いたい!

俳優・崎山つばさ「お菓子づくりはこんなにも奥深くて繊細なんだと知った」―劇場版『パティシエさんとお嬢さん』公開直前インタビューを緊急敢行!―

2022年1月期に放送され、好評を博したドラマ『パティシエさんとお嬢さん』。続編となる劇場版は、崎山つばささん演じる“パティシエさん”と“お嬢さん”(岡本夏美さん)の出会いから1年後の様子が描かれる。もどかしさが愛おしい、ふたりの恋の行方は!?

スペシャルインタビュー第2回目は、5月6日公開の劇場版『パティシエさんとお嬢さん』の見どころや裏話、崎山さんの“食”事情を語っていただきました。

「“お嬢さん”みたいに、いい距離感を築ける人は素敵だなと思います」

劇場版『パティシエさんとお嬢さん』の見どころ

pattern_1
――物語は、恋に奥手な“パティシエさん”の奥野丈士が、“お嬢さん”の波留茉美子に、1年越しの思いでやっと、名前を聞き出すところから始まります。ズバリ、ふたりの恋は発展しそうですか?

う~ん、どうなんでしょうね(笑)。現実世界なら、気になる女性の名前を聞くのに1年もかかるって、相当な奥手ですよね(笑)。でも、そういう丈士の人間らしい部分や不器用なふたりの関係性も、この物語のみどころなので、コミカルにも、ほっこりと、大切に演じました。恋の始まりをゆっくりと育むふたりの歩みを、スクリーンの前で優しくあたたかい目で見守っていただけたらうれしいです。
――ドラマ、劇場版と丈士を演じてみて、改めて“パティシエさん”とはどういう人柄なんでしょうか?

とにかく純粋で、ひたむきに相手を想う、まっすぐな心を持っている人ですね。恋する相手を目の前にすると、ちょっとポンコツかもしれないですけど、そういうところも含めて、人としてすごく愛されるキャラクターだと思います。
――“お嬢さん”のような女性はどうですか?

素敵だと思います。グイグイ距離を縮めてこられるのがあまり得意じゃないので、そういうところを理解してくれて、ほどよい距離感を守ってくれる人は、人としても女性としても魅力的ですね。

――崎山さんも、“奥手”になってしまうことはありますか?

人見知りはしないんですが、大人数が少し苦手で。そういう場面では、猫かぶります(笑)。ドラマの現場は大丈夫なのですが、たとえば打ち上げなど、そういうTODOがない状況ではどうしていいかわからなくなることもありますね(笑)。
次のページ>>「お菓子づくりの所作は、何度も繰り返し、納得がいくまで練習しました」
35 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ