ピープル
あの人に会いたい!

【市川海老蔵・宮舘涼太】「SANEMORI」 製作発表会見を”ほぼコメント全文”レポート!【Snow Man】

今秋、「十三代目市川團十郎白猿」を襲名する市川海老蔵さんSnow Man宮舘涼太さんが出演する「初春歌舞伎公演 市川團十郎襲名記念プログラム『SANEMORI』」の制作発表記者会見が4日、都内で開催されました。

『SANEMORI』は、古典歌舞伎の名作『源平布引滝』より『実盛物語』を軸に作り上げられた新しい歌舞伎作品。平家に使える身でありながら、恩義のある源氏に忠義を尽くそうとする生き様や、混乱の世を強く生きる人々の姿を描いた舞台です。市川海老蔵さんが「伝統の継承」と「新時代の歌舞伎の創造」を融合させた舞台を目指し、2013年から行っている自主公演『ABKAI』にて披露され、大きな話題をさらいました。

2023年1月に上演される本作には、超人気グループSnow Manの宮舘涼太さんが再び出演。実力派としても知られる宮舘さんが『滝沢歌舞伎』で培ったスキル、そして美しく魅せる力を携えて再び歌舞伎の舞台に立つことでも大きな注目を集めています。

この公演の制作発表記者会見に、十三代目市川團十郎白猿を襲名する市川海老蔵さん、そして宮舘さんが登場。公演に向けての想いを語りました。

with onlineではこの会見の模様をフルレポート! 【コメントほぼ全文】で、公演についてのアツい言葉をお届けします!
pattern_1
二人は、凛々しく麗しい紋付はかま姿で登場。一斉にカメラが向けられるなか、和の装いですっと背筋を伸ばし、さらにロイヤル感アップの宮舘さんは、緊張した面持ちで深々とお辞儀。そんな宮舘さんを市川海老蔵さんが見守りながら会見がスタートしました。

まずはおふたりからご挨拶。

市川 みなさまお忙しいなかお集まりいただきまして誠にありがとうございます。本日は「新春歌舞伎公演 市川團十郎襲名記念プログラム SANEMORI」の製作発表でございますので、どうぞお手柔らかによろしくお願いいたします。

宮舘 みなさまお忙しいなかお集まりいただきありがとうございます、宮舘涼太です。貴重な会見になると思いますので、ぜひたくさん撮ってください。(会場笑)よろしくお願いいたします。
――今回のSANEMORI は2019年に「ABKAI」で上演されてから3年ぶりだと思いますが、今回は團十郎さんとしてのぞむということで心境をお聞かせいただけますか?

市川 いまおっしゃっていたとおり3年前「ABKAI」で宮舘さんと(Snow Manの)阿部さんともご一緒し「源平布引滝」という演目を「SANEMORI」としてつとめさせていただきました。そのときはシアターコクーンで海老蔵ファイナルの企画として、やらせていただきました。

2023年は團十郎として公演をつとめるわけですから、まだわたし現時点で海老蔵でございまして。11月、12月と古典を市川團十郎家の演目を先輩、同輩、後輩みなと一緒に継承しながら襲名していく興行でございます。古典をやっていくことも十分考えられたことでございますが、團十郎という名跡は古典を継承していく、ということが大事でございますが、新しいことをつくりあげていくということも團十郎、初代から九代目團十郎あたりまではそういうことには信念があったところもございます。そういったことも継承しなければいけない。新しいことに挑戦する姿も早々にご覧にいれようと、團十郎だからといって守りに徹するわけでもなく、きちんと攻め続けられる姿勢を開口一番からいきたいと思いまして團十郎としてこの演目を選定させていただきました。

――前回とは内容が変わりますでしょうか?

市川 変わります。わたくしは実盛、一役の予定です。私がやっていた義賢・・・大たちまわりがある。源氏の白旗、源平の戦いは平家が優勢、源氏が劣勢です。のちには変わりますけれども。その劣勢の源氏が体制を整えるためには源氏の白旗というものを守り抜くこと、旗印、これを守り続ける、それを一番最初にやったのは木曾義仲の血のつながった義賢なんですね。それをやっていたんですけど、今回は宮舘くんできるかな?ということで・・・(宮舘さん、表情が変わり)宮舘くん、急遽義賢やりたいですということで(笑)お譲りしようかと。
宮舘(とても驚いた表情に)

――宮舘さん、そうなんですか?
宮舘 そうみたいですね・・・えっ、えっ、本当ですか?
次のページ>>驚くべき提案に宮舘さんが動揺!
55 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ