ピープル
あの人に会いたい!

俳優・岡田健史インタビュー@初めての京都♡「織田信長が大っ好きなんです!」

「実はこの柄は約250年前の浮世絵の中から発見したものなんや。その頃、日本は江戸時代中期。格子柄を着るのは秩序を守る幕府側の人間。そやから格子を破った柄を着てるんは、傾奇者(かぶきもの)や。反幕倒幕の意味も隠されている。それくらいの根性のやつが着とった柄。ここには、〝成長と脱皮〞という意味も込められとる。着物は意味を纏うことでもある。せやから岡田さんにも、文様の意味を知って、腹括って纏ってほしい思います」
pattern_1
歴史の教科書では学べないような、目眩く日本の歴史やその背景を熱心に聴き入っていた岡田さんだったが、源兵衛さんが長年研究しているという織田信長の名前が出ると、突然、目が鋭く光った。

「実は僕、織田信長が大っ好きなんです! あの徹底的なところが好き。いつか演じてみたいと思っているんです」と、この日一番のハイテンションぶり。

「昔の人がこれを普段着として生活したなんて、尊敬してしまいます。足さばき一つから身のこなしが全然違う。意味や歴史を知るほど着物は本当に奥が深くて、きちんと向き合いたくなりました」

次のページは>>岡田健史さんの美しい横顔ショットを公開!

25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ