ピープル
いい男に会いたい!

注目俳優・山田裕貴の“意外性”「自分が輝くことより、まず作品、役、周りの人のことを第一に考えたい」自己分析と他己評価に見る真の姿

7月7日よりスタートする、戸田恵梨香さんと永野芽郁さんがW主演を務める新水曜ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)にて、捜査一係の刑事・山田武志役で登場する⼭⽥裕貴さん。「警察官の日常って、こんな感じなの!?」と意外性のあるドラマのストーリーにかけて、今回は山田さんご自身の「意外性」をテーマにインタビューしました。

⼭⽥裕貴=実写版の週刊少年ジャンプ!?

「諦めないし、みんな仲間だし、何でも楽しみたいというのが僕のスタンス」

pattern_1
――本作「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」は、警察官の意外な裏側を描く作品。山田さんご自身の意外な部分は何だと思っていますか?

山田 僕はむしろ意外性をなくしていきたいと思っているので、仕事やプライベート問わずいつだってありのままでいようと心がけています。バラエティ番組などのイメージで「あの人って、こうだよね」と言われるのがイヤなんです。

ありのままでいたら、三浦翔平さんに「山田くんは独特な感性を持っているね」と言われました。「僕ってそう見えていたの!?」と思って(笑)。ちょっと変な子……らしいです。
pattern_1
――そう言われて、ご自身ではどう思いましたか?

山田 よく「変わっているね」とは言われるし、昔からそう言われると喜ぶタイプでしたね(笑)。カッコいい、おもしろい、優しいって言われるより、「変わっている」の方がしっくりくる。普段からそう言われることが多いってことは、僕自身にあまり意外性がないのかな?
――どんなところが変わっていると言われますか?

山田 考え方ですかね。よくぶっ飛んでいると思われてしまいますが……。だから僕のことは“実写版の週刊少年ジャンプ”だと思ってもらえれば! ジャンプ作品の主人公のごとく、諦めないし、みんな仲間だし、「楽しくやろうぜ!」という考えが僕の基本スタンスです。
pattern_1
――少年漫画の「友情・努力・勝利」が揃っていますね。

山田 そうです! 自分のことはどうでもいいかもしれないですね。自分が輝くことより、まず作品、役、周りの人のことを第一に考えたいと思っています。
――そういうところが意外だと言われるのかもしれませんね。

「意外とアツいね」とは言われますね。僕としてはこれが平熱です(笑)。
次のページ>>山田さんが「まさかハマらないだろう」と思っていたのに、ついハマった「ある作品」とは?  
58 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ