ピープル
いい男に会いたい!
19.Jun.2019

福士蒼汰インタビュー①「憧れの岡田准一との共演で感じたこととは」―『ザ・ファブル』6月21日公開!―

僕自身も「面白そうだからやってみよう」という性格

pattern_1

——相棒役のコードを演じたのは木村了さんでしたね。

木村了さんは、舞台『髑髏城の七人 Season月』一緒に稽古をして、今回は同じタイミングでアクション練習をやっていたので、ご飯に行くなど、仲良くさせていただいています。自分より5歳年上なんですが、現場では自分が撮影の合間にふざけているのにも付き合ってくれるんです! 良いお兄ちゃん的な存在の木村さんが相棒だったので、とても良い空気感の中で過ごすことができました。

——今回のフードは、主人公・ファブルを殺そうとする“悪役”ですが、悪役を演じるのはいかがでしたか。

pattern_1
正義の味方やヒーローは守るべきものがあるから、表現にも制限がかかる部分があります。それも面白いのですが、悪役はその制限が少ない分、表現の幅も広くなって楽しく演じさせていただきました。

——フードに共感を感じる部分はありましたか。

pattern_1
自分が演じたフードは、原作を読んでいてもとても難しいキャラクターで、江口監督と相談しながら、原作から想像を膨らませて役作りをしました。

楽観的なところは、自分も似ているのかなと思います。「熟考して満を持して行動する」というよりは、「面白そうだしやるか」と感覚的に行動していくようなところは共感できます。ただ、フードがファブルに執着したように、誰か一人の人に他のことを忘れてしまうくらい執着する……というのは、自分にはできないかなとも思います。
次のページ>>岡田准一さんの肉体美は……
43 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ