ピープル
いい男に会いたい!
23.Oct.2019

【競泳・坂井聖人×写真家 川島小鳥】バタフライのスペシャリスト坂井聖人さん「今度こそ金メダルを取って、気持ちよく家に帰りたい」

競泳 坂井聖人×写真家 川島小鳥

リオ五輪で銀メダルを獲得したバタフライのスペシャリストは、右肩の怪我に見舞われて長い試練の時間を過ごしていた……。でも、ヒーローは焦らない。東京五輪の本番を見据えながら黙々と肉体と技術を磨き上げている。

トップアスリートがまとう自信を写真家の川島小鳥が写し出した。
pattern_1

MASATO SAKAI

1995年6月6日生まれ、福岡県出身。181㎝。O型。兄の影響で、3歳から競泳を始める。学生時代から全国大会や日本選手権で華々しい成績を収め、早稲田大学在学中の2016年にリオ五輪に出場。200mバタフライで銀メダルを獲得して脚光を浴びる。セイコーホールディングス所属。


3歳  競泳を始める。小学6年生からバタフライ専門に
18歳  200mバタフライで高校総体優勝
21歳  リオ五輪の200mバタフライで銀メダルを獲得
21歳  日本選手権 200mバタフライ優勝
23歳  ジャパンオープン 200mバタフライ2位

\後半の驚異的な粘り強さに注目!/

坂井選手の強みは並外れた体力。リオ五輪ではラスト50mでギアを上げ、自己ベストのタイムを叩き出し2位に!
pattern_1
©長田洋平/アフロスポーツ
pattern_1
©AFP/アフロ

KOTORI KAWASHIMA

1980年生まれ。2006年、ひとりの少女を4年間撮り続けた作品で、第10回新風舎平間至写真賞大賞受賞。2011年、『未来ちゃん』で第42回講談社出版文化賞写真賞を受賞。2015年、『明星』で第40回木村伊兵衛写真賞受賞。近年の写真集に『20歳の頃』、『道』、台南ガイドブック『愛の台南』、『つきのひかり あいのきざし』がある。
次のページ>>タッチの差で逃した1位を今度こそ取りたいんです
22 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ