ピープル
いい男に会いたい!
18.Jun.2019

ジェジュン「ライヴでは、一つの愛のストーリーをファンの人たちと共有したい」

バラエティ番組などに積極的に出演し、テレビ的には“愛されキャラ”というイメージが定着しているジェジュンさん。しかし歌っている彼を知る人にとって、それはほんの一側面に過ぎないという。今回のインタビューでは、ライヴ演出への思いについて話してくれました。

こんなスターそうそう現れるものじゃない

撮影をしているとき。また、インタビューをしているとき。彼はよく、「大丈夫ですか?」という言葉を口にする。

物を作る現場では、スタッフの誰もが欲張りになるものだ。あれも欲しい。こんな服も着せたい。こんな表情も見たい。こんな話も聞いてみたい。限られた時間の中で、どこまで、見たことのない彼を、それまで知らなかった彼を、彼の“今”を引き出せるのか。

いろんな想像を巡らせながら準備を進め、取材当日に彼と会うと、いつもその美しさに圧倒される。合間に飛ばすジョークに癒やされ、笑わされる。インタビューで語る真摯で正直な言葉に、感動させられる。そうやって彼は、いつも期待以上の“何か”をくれる。

世の中には、いろんなスターがいる。近づきがたい、カリスマ性のあるスター。身近な感じのする、親しみやすいスター。謎に包まれた、ミステリアスなスター。普段はシャイなのに、ステージになると別人のような強いエネルギーを放つスター。自分をさらけ出し、全力でファンの期待に応えようとする献身的なスター。

……ジェジュンは、そのどれにも当てはまらないようでいながら、カリスマ性、親しみやすさ、ミステリアス、シャイ、エネルギッシュ、献身的といったスター要素のすべてを兼ね備えているようにも見える。

カリスマ性と親しみやすさを共存させ、ミステリアスな部分と正直な部分が混在し、才能豊かなのに照れ屋で謙虚。だから、すべての仕事に全力で取り組み、そこにいるすべての人の期待に応えようとする。能力やスペックの高さ以上に、そのマインドが規格外。こんなスター、そうそう現れるものではない。
pattern_1

次のページは>>“愛されキャラ”である以前に、もっとずっと人に対して積極的な、“愛しキャラ”

22 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ