ピープル
いい男に会いたい!
21.Sep.2019

AAA 與真司郎インタビュー&10問10答!「ソロライブでは、みんなの喜ぶ顔がダイレクトに見られたことが、最高に嬉しくて、幸せだった」

14歳でエイベックスのオーディションに合格し、16歳でAAAのメンバーとしてデビュー。音楽のみならず、芝居に、ファッションに写真に。様々な表現活動にチャレンジしながら、27歳で、日本以外にL.A.にも生活の拠点を持った。現地の生きた英語を学びながら、精神と肉体を健康に保つことに意識的になった。そして、30歳で、初めてのソロライブを開催した。一度きりの人生を、とことん楽しんでいる彼は、健やかで、眩しく、美しい。今というこの瞬間までENJOYし尽くそうとする、與真司郎的ハッピー力学に学びたい。
pattern_1

PROFILE

1988年11月26日生まれ。京都府出身。パフォーマンスグループAAAのメンバーとして、2005年CDデビュー。’17年には、自身が手がけるアパレルブランド「I AM WHAT I AM」を立ち上げる。同年、トリップアドバイスや初心者向け英会話なども掲載されたトラベルブックを発売。’18年に初のソロアルバム「THIS IS WHO I AM」をリリース。’19年にはアルバムを引っさげての初のソロアリーナツアーを成功させた。現在は、L.A.と日本を拠点に活動中。

JUST THE WAY YOU ARE【2】

今年は、人生初のソロライブで、東京・大阪・福岡の3都市を回り、6万人を動員した。子供の頃から好きだったHIP HOPを基調にした、ダンス中心のライブは、多くのファンに熱狂を持って迎えられた。このタイミングでソロでのツアーを敢行したのは、以前から開催していたソロのトークショーで、「他のメンバーのように、ソロライブはやらないんですか?やって欲しい!!」とファンから言われたことがきっかけだった。

「グループではない、自分だけの音楽世界を作って、それを発表したいなんて夢を、僕はそれまで思い描いたことがなかった。だから、実際にライブ映えする楽曲選びから始まって、ライブの構成を、細部までいろいろ決めていくのは大変でした。結果として、やってみたらすごく面白かった。何より、自分がいいと思ったものを、ファンの人たちも同じようにいいと思ってくれて、ライブという空間の中で受け止めてもらえたこと、みんなの喜ぶ顔をダイレクトに見られたことが、最高に嬉しかったです」

與さんは、何においてもガツガツしていない。でもだからといって、消極的なわけでもない。周囲の人に誠実に、かつ自分の本能に忠実に、シンプルに生きているように見える。好奇心が全開で、毎日が冒険。何か面白いことがないかキョロキョロしている。まさに、射手座の性格そのままだ。

「俺、射手座ってどんな性格なのかわかってないからなぁ。ふーん……毎日が冒険で、楽しいことを探してる人なの? うん、それならすごく当たってる!」
次のページ>>ここから怒濤の10問10答!
43 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ