ピープル
いい男に会いたい!

「ふたりは、ケンカしたことないの?」Hey! Say! JUMP伊野尾慧さんと有岡大貴さんに聞いてみた。

pattern_1

Special Editionの表紙も大好評! 12ページの特集テーマは「ふたり時間」

withでは5年以上にわたり「Boys,be......!」を連載中のHey! Say! JUMP伊野尾慧さんと有岡大貴さん。グループの中でも名コンビとして知られるふたりは、毎月の連載撮影時も伊野尾さんが何かを仕掛けたら有岡さんがそれをキャッチして軽妙なやりとりがスタートしたり、有岡さんをじーっと眺めていた伊野尾さんがツッコんでみたり・・・。いつでもどこでも、ふたりらしい時間が流れています。そんな彼らのエンタメ力抜群なコンビネーションがギュギュッと濃縮されているのが、現在発売中の「with7月号」の特集「ふたり時間」

「with7月号」 ではSpecial Editionの表紙にも登場した伊野尾さんと有岡さん。ふたりの”密着カット”が大好評のカバーとともにお届けしている12ページの特集では、お風呂や卓球、お部屋でのくつろぎタイムを堪能するふたりの様子をぎっしりと掲載! 眺めているだけでハッピーになりそうな写真満載でお送りしています。

読者の皆さんからのQ&Aにふたりが回答! その一部を特別に公開♡

今回の特集では、読者の皆さんから事前に「ふたりに聞いてみたいこと」を大募集。実に数多く寄せられた質問にふたりが「かけ合い」で答えるというwithならではのスペシャルな企画は必見です!

with onlineでは、その中からごく一部をピックアップ! 期間限定で特別に公開いたします。

Qお互いのクセや口グセは?

有岡「 いのちゃんは笑うときに、肩が動く。口グセは”ひと口ちょーだい” 」
伊野尾「そんな欲しがりみたいな扱いやめろ(笑)」
有岡「まぁ、最近はそんなに言わないけどね」
伊野尾「だろ? 大ちゃんは、すぐ”知ってる感を出す” (笑)」
有岡「どういうことよ」
伊野尾「魚釣ってる時も言ってたよね。”浮きが沈んだら、こうやるんだぜ!”みたいなこと。あたかも毎週末やってます、みたいなテンションで」
有岡「ふふふ。まぁ、『どうぶつの森』で得た情報なんだけどね(笑)」


続いては有岡さんにこんな質問!

Q.おしゃれ番長の有岡さんのマイブームや挑戦したい服は?

伊野尾「 待って、まず”おしゃれ番長”っていう枕詞が間違ってる! 大ちゃんがおしゃれ番長だったら、質問くれた子のおしゃれ偏差値相当低いよ(笑)」
有岡「オレはだいぶ偏ってるからな」
伊野尾「パーカしか着ないんだから!」
有岡「そうね。でも最近覚えたのは、パンツの裾を靴下の中に入れるってテク」
伊野尾「どこで覚えたの?」
有岡「さっき。スタイリストさんがやってくるんだもん(笑)」
伊野尾「 絶対指さされて笑われてるよ(笑)。じゃあ、挑戦したい服は?」
有岡「セットアップかな」
伊野尾「 う、全然おしゃれ番長じゃないじゃん。セットアップなんてずっと昔からあったよ!」
pattern_1

Q ふたりはケンカしたことないの?

お互いが考えるふたりの長所も、あらためて聞いてみました!

Q.伊野尾さん、「有岡さんの長所」を7個教えて!

伊野尾「大ちゃんの1つめはねぇ“気配りができる” 。僕はちょっと横暴というかね(?)、できない人間なんですよ。さっきも浴衣をね、棚に戻すとき、オレはもう適当にバーンッて置いちゃうけどさ、大ちゃんはそれをきれいに戻してたの、ちゃんと」
有岡「 気づいてるならやれよ(笑)」
伊野尾「 ははは(笑)! オレの悪いところはそういうところだから。あと6個? 新しいのを出したいな。あ、今回やっぱりコンサートの演出がよかった。天才か! これはもう今後、続けた方がいいと思う。これで2つでしょ? あとは、“最近働き方のステージが上がった”。もうね、自分の仕事だけで満足するんじゃなくて、後輩を巻き込んで働いている姿が末恐ろしいなと。そろそろ後輩も有岡さんに媚びを売り始める頃。有岡さんに媚びを売れば、サウナ番組やドラマに出られるんじゃないか、『ヒルナンデス!』の後釜にすわれるんじゃないかって」
有岡「いやもうそれ狙ってるじゃん、媚びじゃないじゃん(笑)」
伊野尾「今3つ? いや、7つ分くらい語ったよ。内容が、濃かったでしょ(笑)?」

そして、とっても多く寄せられた質問の1つがこちら。
皆さんが聞いてみたかった、というこの回答も公開!

Q ふたりはケンカしたことありますか?

有岡「ないね!」 
伊野尾「Jr.の頃からないと思う。オレ、ケンカできるような人間じゃないから」
有岡「険悪になったこともない。ない、記憶にございません(笑)!」


今回の特集では他にも、パーソナルな質問から 「Q.お互いを顔文字で表すと?」「Q.よく有岡さんに触っていますが、無意識ですか?」「Q.伊野尾さんの攻略法は?」「Q.J.J.Express時代の持ち歌で印象に残っている曲は?」などふたりならではのものまで、読者の皆さんからのさまざまな質問が登場! どうぞお楽しみください。
pattern_1

Hey! Say! JUMPの配信ライブや楽曲プロデュースへの想いが詰まった「真面目トーク」も。

4月に行われたHey! Say! JUMPの配信ライブ「Fab! -Live speaks.-」では、有岡さんがメンバーの知念侑李さんとともに演出や構成を担当したことも話題に。特集では、その配信ライブへのふたりの想いや、JUMPとして新しい世界に挑む仕事観もまっすぐに語られています。

いつもユニークで笑いの絶えないインタビューも、このパートのふたりはとっても真剣。新曲「ネガティブファイター」はもちろん、伊野尾さんがプロデュースを担った「#502(ぱぐぴーす)」のお話など、ふたりのトークを通じて「今のHey! Say! JUMP」を知ることができる貴重なトークが満載です。

3日間異なる演出でスタートした評判のライブの裏側を、じっくりとのぞいてみてください!

インタビュー&写真ともに大充実の12ページ。
どうぞお早めにお近くの書店にてお求めくださいませ。

※なお、ふたりが表紙に登場しているSpecial editionにつきまして、ネット書店など完売状態が続いており申し訳ございません。数に限りがありますので、各書店様など、店頭にお問い合わせいただきお早めにご購入くださいますようお願いいたします。

一部の書店様になりますが、店頭在庫などは
【honto】http://bit.ly/3fPxIp1
【honlove】http://bit.ly/3uKfYRl
などをご活用くださいませ。

with7月号、好評発売中です!
 
13 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ