ピープル
いい男に会いたい!

【ほぼ全文レポート】有岡大貴(Hey! Say! JUMP)初プロデュース舞台『アシタを忘れないで』開幕!

7月12日東京グローブ座にて行われた、舞台ナゾドキシアター『アシタを忘れないで』のゲネプロ・取材会のレポートをお届け!

この舞台の企画・プロデュース・主演を務めるのは、人気連載「Boys,be……!」で毎月withに登場しているHey! Say! JUMP有岡大貴さん! 連載で見せる姿とはまた違った、表現者・プロデューサーとして登壇した取材会の様子をほぼ全文でレポートします。
今回の舞台は、観客たちが自身のスマートフォンやタブレットなどの端末を使用し、「ナゾドキシアター専用アプリ」を通して実際にストーリーに登場する「謎解き」に参加できるという“新感覚演劇”。専用アプリを通して、有岡さん演じる「アシタ」を手助けすることができ、物語への没入感も増す新たな試みとなっています。

舞台中に登場する「謎解き」を作ったのは、謎解きクリエイター・松丸亮吾さん。企画・プロデュース:有岡さん、謎解き:松丸さん、脚本:岩崎う大さん、という3人の化学反応をお楽しみください!

謎解きやストーリーはもちろんのこと、有岡さんらしい軽やかな身のこなしや、有岡さんにちなんだ要素が散りばめられた小道具など、細部まで詰まった「produced by Daiki Arioka」ポイントにも注目です。

「『ようやく初日を迎えられるな!』っていうちょっと安心した感じ」(有岡さん)

―いよいよ初日を迎えますけども、今通しでやってみてどうでしたか?

有岡さん(以下敬称略) そうですね、あのー、今回は僕、企画から参加させていただいていますので、本当に何もない状態からこういう、作品作りというものに、色々と学ばせていただきながら作品ができていくところをずっと見てきていたので。「ようやく初日を迎えられるな!」っていう、ちょっと安心した感じです。

―企画・プロデュースということですけど、ひらめきはどういうところから?

有岡 そうですね、うーん。きっかけは、村上くん(関ジャニ∞)の舞台に参加させていただいてた時に、色々なスタッフさんとお話する中で、劇場でスマホを使える、使う事ができるっていう(話を知った)ところから、この構想はスタートしました。

―準備はすごく大変だったんじゃないですか?

有岡 そうですね。

―松丸さんがすごい頷いてらっしゃる。

一同 (笑)

有岡 本当に準備が大変だったなーと感じてるのは、松丸くんと、う大さんだと思います。

有岡さんはお願い上手!?

―ちなみに松丸さん、大変だったところってどんなところですか?

松丸 やっぱり謎解きと、この演劇っていうものを掛け合わせる中で、有岡くんがね、結構理想としているところが……ただ謎解きが入ればいいっていうだけじゃなくて、物語と音楽が絡んで欲しいっていう、結構理想高いんですよ。有岡くんの中で。(笑う有岡さん)でも、絶対にこう、なんだろうな。お願い上手で、有岡くんが。「ここってもうちょっと、こうできたりしないかなあ……?」みたいな言い方をされると、僕もう大さんもN Oって言えない。

岩崎 そうですね、上手ですね。ジャニーズってみんな上手なんですか?(笑)

有岡 そうですね、高圧的にお願いする場面も見て育ってきてるから、反面教師というか。下から(お願いする)っていうのを意識してるかもしれないですね。

―それは村上くんから教わったことなんですかね?

有岡 もちろん村上くんからは良いところです!教わってるのは!

―岩崎さん、どんな風なお願いがあったんですか?

岩崎 そうですね、一回(脚本を)書き終えて、提出して。まあ僕的には結構満足だったんですけど、「ここらへんをちょっと濃くしていただきたいんですよ」みたいなこと言われて、でも言ってくることはかなり正論だったんで。これはちょっと聞かなきゃダメだし、純粋な目で言ってくるし。やっぱり答えたいなっていう感じになりますね。

―それは猫のような目だったんですか?

岩崎 うん、猫のような目でした。

―捨てられてた猫ですかね。

岩崎 捨てられた、生まれたばっかりの可哀想な子猫のような目で。

松丸 必ず頭に「もしよかったら〜」って、こう付くんですよね。「もしよかったらなんですけど〜」っていう目がもう完全に捨て猫みたいな目をしている。

―それは演技ですか?地ですか?

有岡 いやいやいや、あのーなんも意識してないです、多分。無意識に。お二方のリスペクトの心が、思いが強く表れたって感じです。

岩崎 確かにすごいリスペクトしてくださってるなっていう感じはします。だからだんだんそれを失いたくないっていう気持ちになるんですよね。この目を失いたくないっていう。それで頑張っていけるっていう気持ちになりますね。
次のページ>>「とんでもない人(有岡さん)と仕事したなっていう感じ」(松丸)  
41 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ