ピープル
いい男に会いたい!

今大注目の俳優・高野洸「これが僕の“集大成”。こだわりを詰め込んだ自信作が完成した」-待望の1stアルバムリリース!-

舞台『ヒプノシスマイク』ミュージカル『刀剣乱舞』など、2.5次元舞台などでも活躍中の高野洸さんが、ファーストアルバム『ENTER』を3月24日(水)にリリース! 今回はその発売を記念して、with online独占インタビューを敢行。

本人も「力作です」と語る『ENTER』の制作秘話から聴きどころまで、たっぷりインタビューしました!

仕上がりは最高! アルバム『ENTER』の聴きどころは?

「曲選びにこだわったからこそ、アルバムとしての新しい価値や魅力が生まれた」

pattern_1
――いよいよ1stアルバムが発売しましたが、『ENTER』の仕上がりはいかがですか?

高野洸さん(以下、高野) 仕上がりは……最高です! 特に曲選びにこだわったからこそ、全部の曲が「愛おしい」って思いますね。今回は作る過程の打ち合わせに積極的に参加したので、自分のこだわりをたっぷり詰め込むことができました。

――制作過程でのウラ話があれば、教えてください!

高野 実はレコーディングで苦戦した曲がたくさんあって。中でも、「Poppin’ Groovin’」は程よく力が抜けているのに明るい曲調で、その“チル”な抜け感を出すのに苦戦しました。何度もテイクを重ねて、ディレクターさんと一緒に聴いて、調整していきましたね。

もう一つ、「Always on your side」は感謝を伝える曲なので、想いを乗せることがすごく大事だったんです。だからどこまで楽譜にしたがって歌っていくか、どれだけ感情を乗せていくかのバランスがすごく難しかった

でも、最終的にはどちらも満足の行く仕上がりになっています!
次のページ>>歌詞にも含まれる「インターネット」のこと。高野さんのそれとの向き合い方って?  
33 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ