ピープル
あの人に会いたい!

俳優・石川雷蔵 目指すは作品にスパイスを加える、主役もはれるバイプレイヤー【vol.1】

「本名なんです」芝居でインパクトのある名前に負けない存在感を残したい

pattern_1
石川雷蔵。その名前のインパクト! 昭和の名優・市川雷蔵にあやかり、両親がつけてくれた名前だという。名前の話になると「本名なんですか?って聞かれて、本名なんですって答えるやりとりを人生で何度やったか分かりません」と、表情をくしゃっとさせ笑顔を見せてくれた。強い眼差しと穏やかで落ちついた雰囲気から一転、あどけなさの残る少年の顔になる。

「実年齢を1回で当てられたことはないですね。普段からふり幅が広いらしく、今共演しているメンバーにも、32歳?って言われています。それで喋りだすと、一気に10歳になるらしいです(笑)」

現在、暴太郎戦隊ドンブラザーズ(テレビ朝日系)に、桃谷ジロウ(ドンドラゴクウ/ドントラボルト)として、第14話から追加キャストとして出演中。

「オーデションを受けたのは、第2話が終わった頃でした。一応1、2話は見ましたけれど、レッドは出てこないし、イエローが中心でピンクは男!?何だこれ!?って頭が真っ白に。でもそのおかげで、こういう普通のスーパー戦隊シリーズとは違う世界観だったら、自分が感じたことを貫き通してもいいんじゃないかって腹がくくれたんですよね。桃谷ジロウって結構明るい性格なんですけれど、オーデションで渡された台本のセリフが、凄くダークで嫌な感じで。普通だったら明るいジロウのダークな部分をどう表現するかって考えるところなんですけれど、振り切って深くとことん嫌な感じでやってみたんです。それで合格をいただけたのも嬉しかったし、自分の考えを貫き通していっていいんだという自信にもなりました」
pattern_1
pattern_1
次のページ>>模索してみつけた進むべき道。その目指す先に見据えるものとは
23 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ