ピープル
いい男に会いたい!
16.Oct.2020

【BOYS AND MEN】本田剛文・辻本達規・勇翔のエモいエピソードを公開♡

エモいぞ、ボイメン。

グループ結成10年。常に前だけを見て、ド根性で進んできた『BOYS AND MEN』。新章を迎え、ますます加速する彼らを、今回はなんと全ページiPhoneで撮影。スマホに映った気怠い色気に、心を射抜く眼差し。なるほど、エモい! さらに、エモい思い出エピソードも胸アツで……。こんなボイメン見たことない。

今回は、本田剛文・辻本達規・勇翔のエモいエピソードを公開♡

Takahumi Honda 本田剛文

pattern_1

アゲアゲなのに……どこかグッとくる楽曲

僕の捉え方でいうと、ヒャダインさんの曲には「エモっ!」て思うメロディが必ずあります。ヒャダインさんに作っていただく曲はアゲアゲなものが多いんですけど、「このメロディ運び、ちょっと泣かすな。グッとくるな」と思う瞬間があって。新曲の『D.T.G.』にもありますね。露骨じゃないのがまたエモいんです。
pattern_1
学生時代のエモい風景といったら、高校の弓道部時代。上手い先輩がいたんですが、別の学校にももう一人、めっちゃ上手な人がいて、傍から見たら二人はかなりのライバル関係。その後、引退した先輩が大会を見に来てくれたとき、その二人が一緒にいるのを見て「スポーツ漫画みたいじゃん」って思ったんですよね(笑)。
実は二人は部活以外の場所で一緒に練習していた仲みたいで。もともと仲良かったことを知り、アツい関係だなって。エモいワンシーンでした。
■ほんだ・たかふみ
1992年11月3日生まれ。愛知県出身。グループ一のおしゃべり好きで、Twitterライブも好評。出演映画『ブルーヘブンを君に』は2021年公開予定。

Tatsunori Tsujimoto 辻本達規

叶わなかった野球少年の優しい誓い

pattern_1
学生時代は野球に明け暮れていました。先輩よりも上手くて調子に乗っていたら、中2のとき、先輩に引きずり回されて練習着をビリビリに破られたのは切ない思い出。調子に乗った自分が悪かったなーと、その自業自得感も含めて、エモいなって思います(笑)。

あと、小学生の頃からよく通っていた小さな焼き肉屋があって。おじちゃんとおばちゃんの二人で経営していたんですけど、おばちゃんが亡くなって、おじちゃん一人になってしまい……。当時は野球選手になるのが夢だったから、「いつか野球選手になったら、『僕の大好きな店です』って紹介して、おじちゃんに楽させてやりたい」と思っていたんです。
でも、僕が大人になる前に閉店しちゃって、店のあった場所を通ると「助けてあげれんかったなー」ってもどかしい気持ちになるし、思い出が蘇る。めちゃめちゃエモいっすね。
■つじもと・たつのり
1991年5月17日生まれ。岐阜県出身。『中日ドラゴンズ』をこよなく愛する肉体派。野球誌で野球コラム連載中。バラエティ番組にも多数出演。
次のページ>>勇翔さんのエモい体験とは?  
40 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ