ピープル
いい男に会いたい!
25.Nov.2018

【『嵐』即日完売したwith12月号対談(後編)を特別掲載】『5_FOR_20Y 嵐という奇跡について』

完売御礼のwith12月号より、スーパアイドルグループ、嵐のインタビュー記事を特別にweb公開! 嵐を語るだけで、そこには愛と優しさが溢れ、言葉によって彼らのユートピアが綴られていく。彼らと同じ時代を生きているとき、私たちは、〝嵐という奇跡〞の目撃者になる――。
 嵐のメンバーに共通 しているのは"優しさ"(相葉)

大野さんに、あのしみじみとした声で、”優しさの塊"と評された相葉さんは、「青春ブギ」という曲で、二宮さんを引きこもりに、松本さんをドMに、などメンバーの”学生キャラ”をプロデュースしていた。
「『青春ブギ』で、それぞれのメンバーの特徴を考えるの、楽しかったよ。設定をつけようってことになったとき、まぁ『青春ブギ』はパブリックイメージをわかりやすく表現した感じになったけど。松潤はストイックだから。ストイックゆえにドMな部分ってあるじゃない? パブリックイメージの松潤って、強い、尖ったイメージがあるかもしれないけど、実際は逆かなーと思う。俺はね。一緒にいるとすごく優しいから。本当によく細かいところまで気がつくしね。(『青春ブギ』で)引きこもりのニノ? あはは。ニノとは、付き合いがいちばん長いんですよ。Jr.のときから行き帰りも総武線で一緒だったし、いろんな話をしたし。家に行ったこともあるし、ニノがウチに来たこともある。ホント何も気を遣わず一緒にいられる数少ない存在。もう、ニノ以外いないんじゃないかな、そんな人っていうぐらい……僕の中では。……っていう感じかなぁ。今でもご飯食べに行ったりするし。気にかけてくれるし、こっちも気にかけるし。普通に連絡もくるし。正月とかも、"家でご飯食べよう"ってタコ焼き食べたりしたこともある(笑)。リーダーは、リーダーにしかできないことをたくさん持ってますよね。ダンスも歌もバラエティも。あとは絵とか芸術とか、アーティストの部分と釣りと……。釣りは、何時間でも飽きずにできるし。あんなにいろんな才能があるのに、バラエティの脱力感がすごかったり……。ある意味ぶっ飛んでる人。翔くんは、すごく面倒見がいいです。自分の知っている情報を事細かに教えてくれたりもするし、わかりやすくね。勉強ができるし、ふざけることもするし(笑)。振り幅は広いかな。皆さんが知っているような、知的なイメージだけじゃなく、何よりも、優しいよね。二人でご飯食べに行ったとき、あとでお土産くれたりする。気遣いの人だし、大人。基本的にメンバーはみんな優しい。世の中には、きつい性格の人って結構いると思うんだ。とくに芸能界って、競争しなきゃいけない部分もあるし……。でも、不思議とそういう人が、嵐のメンバーには一人もいないんだよね」(相葉さん)

個性も才能もバラバラな5人に共通するのは、"優しさ"だと相葉さん。確かに、5人がいる風景には、目には見えないところでの、優しさや思いやりが空気になって漂っている感じがする。とりわけ彼らが情熱を注ぐ"ライヴ"では、その優しさや愛情や友情が、音になって、動きになって、光になって輝く。何万人ものオーディエンスを、美しい音と光で包み込む。だから、そこに足を運べば、誰もが幸福を実感できるのだ。

次のページは>>「嵐の5人のプロ意識の高さ」

26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ