ピープル
いい男に会いたい!
16.May.2019

【俳優・岡田健史インタビュー】ハタチを迎えた岡田健史さんが心のうちを熱く語る!

この5月に二十歳を迎える。名実ともに、大人の仲間入りである。どんな大人になりたい? と聞くと、「常に学ぶ欲を持ち続けられる大人になりたい」と、まっすぐな眼差しで答えてくれた。
pattern_1
「学び無くして自分の人生に広がりはないと思っています。元々、自分には怠けがちな部分があると自覚しているので、それを打ち消すためにも、学びの精神を大事にしたいという戒めのような思いもあります。俳優をはじめてまだ1年。自分の理想に技術が伴ってないことを日々感じています。それはもちろん、19歳は人間という生物としても未熟な段階ですし、技術が伴わないのは当然なのかもしれません。けれど自分の性格上、徹底的にやりたいという思いがあるので、常に自分との戦いを続けているような気がします。人との付き合い、家族の問題、人間が生きていく中で、経験しなければいけないことはまだまだたくさんあります。一つひとつ逃げずに真正面から向かっていって、たくさん失敗もして、経験することが大事なんじゃないかな、と。今日の源兵衛さんのお話を伺って、役者というのはその時を生きている人間のことをどれだけ愛して、理解して、自分を通して言葉を放つことができるか。ということを考えなければならないのだと、改めて感じました」

初めての京都で、早くも岡田さんは新しい「学び」を経験していた。きっと彼はこんな風に、この1年で人間としても役者としても多くを経験し、成長を重ねてきたのだろう。自分の中にある言葉を一生懸命探しながら、熱っぽく語る姿はとても頼もしい。

PROFILE

岡田健史(おかだ・けんし)/1999年福岡県生まれ。180㎝。O型。ドラマ『中学聖日記』(TBS系)で鮮烈な俳優デビューを飾る。次回作への期待が高まるなか、5月11日、地元福岡のヤフオクドームにて開催される『タカガール♡デー』で始球式を務める。また、7/19放送のFBS福岡放送開局50周年記念ドラマ「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」に主演。

岡田健史 ファースト写真集鼓動[kodo]が6/12 に発売

pattern_1
10代、最初で最後のファースト写真集が発売決定。LAでの特別撮り下ろしを中心に見所満載の仕上がりに。大人と子どもの表情が混在する岡田健史が見られるのはこの書籍だけ! ¥2000(税別)/講談社


次回は、「役者という仕事」に対する思いから子ども時代の意外な思い出話まで語ってくれます! 5月19日(日)の更新をお楽しみに♪

撮影/菅野恒平 スタイリング/柴田圭 ヘア&メイク/山内勝博 取材・文/西野入智紗 撮影協力/誉田屋源兵衛

 
23 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ