ピープル
いい男に会いたい!

「EXILE」橘ケンチ&「GENERATIONS from EXILE TRIBE」中務裕太  日本酒の魅力は「起点を作ってくれる」こと

講談社のマンガアプリ「マガジンポケット(マガポケ)」で連載中の“日本酒擬人化マンガ”『あらばしり』。イケメンたちが日本酒の楽しみ方を教えてくれるという内容が人気を呼び、8月6日(金)に待望の単行本が発売されます。その企画原案を担当しているダンス・ボーカルグループ「EXILE」「EXILE THE SECOND」パフォーマーの橘ケンチさんと、単行本に付属するミニ写真集「スペシャルフォトブック『KENCHI TACHIBANA × YUTA NAKATSUKA』」の企画で橘さんと酒蔵訪問をした「GENERATIONS from EXILE TRIBE」パフォーマーの中務裕太さんに、日本酒にハマったきっかけや酒の席での失敗談など、日本酒にまつわるエピソードを伺いました。
――橘さんは、日本酒を“擬人化”したマンガ『あらばしり』で企画原案を担当されています。作中には、豊富な日本酒の知識が盛り込まれているなど造詣の深さが伺えますが、そもそもなぜ、それほど日本酒に魅了されるようになったのでしょう?

 数年前に日本酒バーに初めて連れていってもらったとき、日本酒と料理のペアリングを体験して、それが衝撃的においしくて「なにこれ!」と感動したんです。それまで日本酒はお酒の中で優先順位が上ではなかったんですが、その体験から『日本酒ってすごいな、知りたいな』と思うようになりました。
pattern_1
中務 僕はケンチさんから「新政酒造」さんとのコラボ酒をいただいて、その味が衝撃的すぎて……。「こんなに日本酒っておいしいのか」と驚きました。そこからずぶずぶとハマり、こんな感じになりました(笑)。
pattern_1
pattern_1
(【一杯目】あらばしりより)お客さんが日本酒を飲んで癒やされるシーン
――2人は、どのようなシチュエーションで飲むのが好きですか?

 こういう状況になる前は、各地域に行って、その土地の方々と一緒に日本酒を飲んで、その土地のおいしいものを味わうことが極上のぜいたくでしたね。家では1人で飲むことが多いです。日本酒用のセラーも買ったんです。裕太も買いました(笑)。

中務 同じ物を(笑)。

――やっぱり、お酒は強い方ですか?

 普通には……裕太は結構強いですね。

中務 強いと思います。でもLDHは“お酒の特殊部隊”なので(笑)。

 SWATだね(笑)。
pattern_1
――ではときにはハメを外してしまうことも?

 『あらばしり』の企画会議でのことなんですが……キャラクター候補の日本酒を並べて、みんなで飲みながら選定しているんですが、会議の体をなしているのは最初の30分から1時間ぐらいで、最終的にはただの飲み会になっているんです(笑)。それで翌日になってから「あのキャラ、どうだって言いましたっけ?」と内容を確認し合う、ということがあります(笑)。

中務 僕は、3年ぐらい前にGENERATIONSのメンバー7人で集まって飲んだのですが、テンションが上がっちゃって、リアルタイムでInstagramのストーリーをどんどんあげちゃったんです。それでお店を特定されて、外にファンの方が集まってしまったことがありました(笑)。

 ジェネ(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と飲むと、楽しいよね。みんな自由な飲み方をするんですよ。(小森)隼が、(関口)メンディーにずっとダメ出ししているんです(笑)。

中務 年上が、一番年下にダメ出しされているという(笑)。

 ジェネは歳の分け隔てがなくて、みんないい意味でいじりあうから、見ていて面白いんですよ。
次のページ>>2人が思う日本酒の魅力とは?  
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ