ピープル
いい男に会いたい!
24.Oct.2018

片寄涼太さんにインタビュー!【ドラマ『PRINCE OF LEGEND』に出演中】

片寄涼太「 ホントのところ…」

ステージ映えする183㎝の体躯に、とびきりスイートな歌声と笑顔を備える。もともと、女子の理想を体現する王子様だった。昨年は映画で妹を溺愛する役柄を演じて、俳優としても脚光を浴びた。その影響もあり、アジア各国での支持率も急上昇中だ。ポテンシャルは無限大。実際に「伝説の王子」の称号を得るためのバトルが開催されたとしても……負ける姿が想像できない。

ドラマ『PRINCE OF LEGEND』に“セレブ王子”役として出演している片寄涼太さんにインタビューいたしました!

人前で情けない姿は見せない! 少年の頃から王子様だった!?

pattern_1
「他の俳優陣に勝っていると思う部分は……この〝隠しきれない王子っぽさ〞かな(笑)」と、サラリと冗談を言ってのける片寄涼太さん。『PRINCE OF LEGEND』で演じるのは、〝セレブ王子〞こと朱雀奏。一大プロジェクトのセンターポジションとなる大役ながら、気負いはなさそう。
「資産数兆円といわれる企業の御曹司の役だと聞いたときは、さすがに少し焦りました。『そうくるか〜。俺なんかに務まるかな……』って。ただ、これまでの経験を生かして、自分にできることを精一杯やるしかありません。周りには身近な(佐野)玲於や(関口)メンディーさんもいるし、劇団EXILEの方々もたくさん。心強いメンバーに支えられながら撮影に挑めるので、不安はすぐになくなりました」
仲間への信頼感を示す一方で、「負けたくない」と思うのが男の本能。劇中で覇権を争う他の王子キャラに対して、ライバル心も燃やしている様子。
「みんなが別々の個性を持っているので、簡単に優劣をつけられるわけではないんですけど。やっぱり、いちばんのライバルは奏と対照的な〝ヤンキー王子〞の京極尊人(鈴木伸之)かな。上品さでは負けてないはず!」
群雄割拠のエンタテインメント業界の中でも、EXILE TRIBEは人材の宝庫。ただ、〝ありのまま〞でも絢爛華麗な王子様を体現できそうな片寄さんは異色の存在かもしれない。
「それこそ『HiGH & LOW』では先輩方はもちろん同じグループのメンバーも出演していましたが、〝拳で語る〞ような作品だったこともあり、我ながら『出るとこねーな』と思って見ていました(笑)。ただ、今回のような役柄を求められるのが自分の個性ならば、そこは武器として存分に使っていきたいと思っています。そういえば、ちょうど20歳くらいのときに、三代目のガンさん(岩田剛典)が食事の席で『涼太は涼太でいいんじゃない』と言ってくださったことがあって。あれは、僕が〝自分らしさ〞に自信を持つきっかけとなった出来事です」 現在、デビュー6年目の24歳。ドラマや映画でも活躍すればGENERATIONSの人気が底上げされるだけでなく、表現者としてのスキルが磨かれていくことも実感している。
--
[片寄涼太]ロングシャツ¥68000、レイヤードシャツ¥78000、クルーネックTシャツ¥20000/3.1 Phillip Lim

次のページは>>ニューシングル&少年時代のエピソード

27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ