ピープル
いい男に会いたい!

佐藤健「佐藤家の場合は猫がみんなの絆をつないでいてくれたのかもしれません」【映画『ひとよ』インタビュー】

僕にとって家族の思い出はほぼほぼ〝猫絡み〞のシーン

多かれ少なかれ、誰しも親に対して複雑な感情を抱いた時期はあるはず。それは佐藤さんも例外ではない?

「反抗期が本当になかったタイプなんですよね、僕。かといって、ベタベタ寄り添うほど仲よかったわけじゃないですが。実家には僕が生まれたときから猫がいたので、記憶に残っている家族の情景は、ほぼほぼ猫絡み(笑)。父が猫とかくれんぼしているのを見て、僕も真似したりとか。そうやって、佐藤家の場合は猫がみんなの絆をつないでいてくれたのかもしれません」

ちなみに、共演シーンはないものの、『ひとよ』には千鳥の大悟さんも出演している。プライベートで佐藤さんと仲が良いことで有名な存在だ。

「大悟さんとは何回も飲みに行っている間柄で、先日会ったときはご自身の出演シーンの感想を聞かれました。すごく真剣な顔で、『どうだった?』って。だから僕は正直に『めっちゃ面白かったです』と答えたんですけど、『面白かったらダメやん』って(笑)。いや、大悟さんは真面目なシーンを真面目に演じられているんですが、僕は何度見ても笑ってしまうんですよ」

INFORMATION

『ひとよ』 公開中

pattern_1
©2019「ひとよ」製作委員会
「劇団KAKUTA」が2011年に初演した舞台を佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子の出演で映画化。稲村家の母・こはるは、最愛の3人の子どもたちを守るために夫を殺害する。そして15年の月日が流れ、心に抱えた傷を隠しながら人生を歩んでいた3人のもとに、こはるが帰ってきた。
撮影/田形千紘 スタイリスト/岡部俊輔(um) ヘア&メイク/古久保英人(Otie) 取材・文/浅原聡 ※再構成 with online編集部

 
18 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ