ピープル
あの人に会いたい!

ムロツヨシが考える“嫉妬心”の正体「そりゃ嫉妬します。でもそれは“褒め言葉”でもあります」他者から盗む姿勢を止めないあくなき向上心の根源とは?

『ヒメアノ〜ル』、『愛しのアイリーン』や『空白』など、数々の話題作を撮り続ける鬼才・𠮷田恵輔監督のオリジナル最新作『神は見返りを求める』が6月24日(金)より公開する。本作は、お人好しで「神」のように見返りを求めない主人公・田母神(ムロツヨシ)が、バズらないYouTuber・ゆりちゃん(岸井ゆきの)と合コンで出会い、世間から少し浮いた存在の二人が手探りでバズる動画を作るために手を取り奮闘してゆく物語。かと思いきや、とある出来事をきっかけに二人の間に “欲” や “嫉妬” という醜い感情が湧き出し、物語は狂気に満ちた復讐劇へと一変してゆく……。

舞台や映画、ドラマなど幅広く活躍し、個性豊かな演技でインパクトを残してきた俳優のムロツヨシさんが本作で演じるのは、見返りを求めないお人好しな性格の主人公・田母神。「神」と呼ばれるほど穏やかなキャラクターが、重なる悲劇によって “欲” や “執着” という凶暴な本音をコントロールできなくなってゆく姿はまさに圧巻。そんな強烈なキャラクターを怪演したムロツヨシさんに、自身が考える “欲” や “嫉妬” との向き合い方についてインタビューしました。

※𠮷田恵輔監督の𠮷は、士の部分が土になります。

「“表現欲”が湧かない時には恐怖を覚える」

責任感と表現欲求の狭間で、模索する恐怖への向き合い方

pattern_1
— 作中では “欲” や “嫉妬” といった感情がストーリーを大きく動かします。ムロさんご自身がどうしても抑えられない “欲” は何ですか?

食欲・睡眠欲・性欲という人間の3大欲求を除いて、一番なのかは自分でもわからないけれど、“表現欲”が湧かない時には恐怖を覚えることがあります。スケジュールがパンパンで忙しくなって、休みなく人前に立つことが多くなると表現欲って減ってくるんですよね。どんなに忙しくても目の前の仕事に対していいパフォーマンスをしたいのはもちろんだけど、それは表現欲というよりはむしろ責任感に近い。そういう責任感によって生まれるパフォーマンスを周囲に評価されることには恐怖を覚えます
— その恐怖は年齢を重ねるとともに生まれたものですか?

コロナウイルスが流行して、これまでよりもタイトなスケジュールの中で作品作りをしないといけなくなってきたことが大きいと思います。間に合わせ作業だけは絶対に避けたいと思いながらも、物理的にしんどい時もある。その気持ちとの向き合い方は、これからもずっと模索していかないといけないなって。

あとは、40歳を過ぎて自分の中の“表現欲を生み出したい欲”も大きくなってきました。かつては芝居で食べていきたい欲が常にあったので、やりたい芝居をやって、認めてもらって、次の仕事が入ってきたら100点だと思っていた。けれど今は、もっと新しいことをやらないとって。やりたいことばかりではなくて、無茶してでも新しいこともやらなくちゃって考えるけれど、そこに囚われてしまうと今度は「表現欲ってなんなんだっけ?」って分からなくなってくる。そんなことばっかり家で考えていたらちょっと気持ち悪いですよね(笑)。でもこれが今の率直な状態です。
次のページ>>「『同じことをやってもいい』と自分に言い聞かせている」
38 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ