ピープル
あの人に会いたい!

松下洸平「土屋太鳳さんは人への接し方がものすごく丁寧」初共演作『やんごとなき一族』で感じたこと【インタビュー】

土屋さんは人への接し方がものすごく丁寧

pattern_1
――ヒロイン・佐都を演じる土屋太鳳さんへの印象も教えてください。

松下 いつも明るくて、人見知りゼロという印象があります。何より、話し方、目をまっすぐ見るところなど、人への接し方がものすごく丁寧。だからこそ、佐都の下町娘の威勢のいい感じが少し対照的に思えて。土屋さんが演じるとどんな雰囲気になっていくのか、視聴者のみなさんと一緒に楽しみたいポイントです。

――ドラマは深山家の人間関係のドロドロだけでなく、佐都と健太の胸キュンシーンもたくさん見られると期待して良いでしょうか?

松下 もちろんです。2人のシーンは物語のメリハリを出すキモになってくると思っていて。というのも物語は、おっしゃるように基本的に深山家のギスギスした人間関係を中心に進んでいくので、息苦しいシーンが多いと思うんです。見てくださっている方は「何て家なんだ!」と怒りが湧いてくるかもしれないので、健太と佐都のシーンだけは、みなさんの感情をほぐせるようなお芝居をお見せできたら、と思っています。

健太は家業を継ぐので、外では緊張感いっぱいで働いている。だからこそ佐都の前でだけは、オフの自分を見せているんです。大切な人の前だからこそ出る話し方、仕草……。それって超プライベートな姿なので、どこまで恥ずかしがらずにできるかが大切。何とか、かわいらしさを出していけるよう頑張ります。
次のページ>>仕事に対して自分では「満足」という判は捺せない
27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ