ピープル
いい男に会いたい!
25.Sep.2019

AAA 與真司郎「30歳。ソロライブは『これが最初で最後だろうから、悔いがないようにやろう』と」

実力って何だ? 世界って何だ? グループにいる彼だって、ずっと輝いていた。彼自身、チームでのコミュニケーションを楽しんでいた。でも、30歳をきっかけにして、ソロでのライブを企画して、彼は原点回帰した。「これが今の俺だ!」というパフォーマンスを、いつも支えてもらっているファンに見せようと思った。
pattern_1

PROFILE

1988年11月26日生まれ。京都府出身。パフォーマンスグループAAAのメンバーとして、2005年CDデビュー。’17年には、自身が手がけるアパレルブランド「I AM WHAT I AM」を立ち上げる。同年、トリップアドバイスや初心者向け英会話なども掲載されたトラベルブックを発売。’18年に初のソロアルバム「THIS IS WHO I AM」をリリース。’19年にはアルバムを引っさげての初のソロアリーナツアーを成功させた。現在は、L.A.と日本を拠点に活動中。

THIS IS LOVE THAT HE GIVES【1】

僕の全ての活動の原動力は、ファンの皆さんの存在です

心が動いた瞬間を、大事にしている。

昨年の11月26日、30歳になった記念の日に初めてのソロアルバム「THIS IS WHO I AM」をリリース。今年の2月から5月にかけて、東京・大阪・福岡の3都市を回るアリーナツアーを敢行した。念願叶ってのソロツアーかと思いきや、「いや! やりたいとかやりたくないとか、2年ぐらい前までは全く考えたことがなかったです」と言って、與さんは、大きな目をくるくると動かし、過去の記憶を辿りながら、ソロツアーが実現する経緯について、話し始めた。
pattern_1
「ここ数年はとくに、グループとしての活動も充実していたし、'16年から日本とロサンゼルス(以下L.A.)を行き来する生活を送るようになったことで、僕自身のライフスタイルに変化も表れていた。だから、自分がソロでツアーをやるなんて、想像する暇もなかったんです。やりたいとかやりたくないの次元じゃなく、そういう発想自体が頭に浮かばなかった。
pattern_1
次のページ>>ファンの方と近い距離でコミュニケーションの取れるトークショーが好き
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ