ピープル
#わたしたちの憧れアイコン

俳優・矢作穂香「25歳になって“どんな人間でありたいか”を真剣に考え始めた」NY留学で変わった“ある価値観”

Amazon Prime Videoで独占配信中のあだち充原作ドラマ『ショート・プログラム』に出演している女優の矢作穂香さん。グローバルボーイズグループ・JO1のメンバー全員が各話の主人公を務める作品で、矢作さんは第3話「スプリングコール」のヒロイン・谷村奈央を好演。

今回はあだち充原作特有の甘酸っぱい青春ストーリーや葛藤を抱えた登場人物たちを振り返りながら、矢作さん自身が「青春だった」と語る留学のこと、演じた役柄との共通点、さらには最近使っているコスメまで、25歳等身大の矢作さんを根掘り葉掘りインタビュー。

「意見を言葉にして伝えないと、自分の存在に誰も気づいてくれない」

pattern_1
――「スプリングコール」の主人公とヒロインはどちらも気持ちをうまく伝えられない役どころでした。矢作さんご自身はいかがですか?

矢作 実は私自身も下手なんですよ!(笑) 小さい頃から人前で話すのが苦手でした。たとえば朝の会でその日の時事ニュースを発表したり、日直で号令をかけたりするのも本当に緊張するタイプで……。

自分の気持ちや考えを相手にきちんと伝えることは難しいです。今でもはっきりと自分の思ったことを言える人はすごいなと思います。
pattern_1
――今では人前で話したり、感情を伝えたりすることがお仕事になっていますよね。

矢作 役者の仕事を続けてきた中で、ようやく人前で話すことに少し慣れることができてきたのかな? と思います。
――克服したきっかけはありましたか?

矢作 一番のきっかけは、やはりニューヨークに留学したことが大きかったです。誰一人知らない、言葉も通じない人たちに囲まれて、自分の意見をしっかりと伝えないと私の存在に誰も気づいてくれない。それではニューヨークに来た意味がない。そのときに自分の意見をちゃんと持ち、それを言葉にして人に伝えることを強く意識して過ごすようになりました。人間、意識しないと克服できないんだと実感しました。
次のページ>>「NY留学では、毎日勉強できる環境が本当に幸せだった」
42 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ