ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン

大注目の女優・福原遥「人生を変えたマネージャーとの出会い」役者を辞めるか迷った時に出会った“愛”とは?

AIと人間の絆をテーマに描いた、青春アニメーション映画『アイの歌声を聴かせて』が10月29日(金)より全国にてロードショー。本作は、ポンコツAIのシオンが転校してきたことで巻き起こる、さまざまな騒動をハートフルに描いたエンターテインメントフィルム。女優・土屋太鳳さん演じるポンコツAIのシオンに振り回されながらも、彼女の真っ直ぐな想いに心を打たれ変化してゆくもう一人のヒロイン・サトミを、with編集部も大注目の女優・福原遥さんが好演している。

子役時代から女優、声優としてのキャリアを着実に積んできた福原さんにとって、本作は「どうしても演じたい!」という想いに駆られるほど、深く心を打たれた作品だったそう。オーディションを無事に勝ち抜いて射止めたヒロイン・サトミを演じるにあたって、自身と重ねた部分やこの作品から改めて感じた “アイ=愛” の力強さまで、溢れ出る想いのたけを語ってもらった。そして「芸能界を辞めようか迷った時期があった」と岐路に立たされた時に、背中を押してくれたある人物の“愛”とは――

「言いたいことを言えないサトミに共感しました」

福原遥とサトミの共通点、そして相違点

pattern_1
――この作品を知った時から「絶対に出たい」という気持ちが強かったそうですが、どんなところに魅力を感じましたか?

福原 シオンのメッセージ性が強く、言葉の節々から強烈な愛を感じるし、観ているだけであったかい気持ちになる作品だったので、絶対に携わりたい!と強く思いました。正直、オーディションの手応えはわからなかったのですが、その時に監督(吉浦康裕)さんに「この作品が大好きです」と想いを伝えられたことでやりきったと感じたことを覚えています。

――合格したと聞いた時はどんな気持ちでしたか?

福原 もちろんとても嬉しかったのと同時に、一方で不安にもなりました。主人公のシオンとサトミの関係性がこの作品の一番大事なところだと感じていたので、「本当に私で大丈夫かな」というプレッシャーがありました。でも、「そのままで大丈夫だよ」と監督さんに言っていただけたので、あまり作り込まず、ありのままでいこうと開き直って臨むことができました。
――今回、サトミという役を演じられてご自身と似ているなと思うところと、逆に自分には持っていなくて、演じる上で苦労されたところはありましたか?

福原 サトミの不器用なところは私に似てるなと思いました。やりたいことがあっても行動を起こせなかったり、言いたいけど言えなかったりする性格は私と重なる部分でした。あと、正義感というか、よくないことに対しては私も曲げられないタイプなので、そこは演じていて共感しました。

逆に、サトミが醸す空気感や学校でのキャラクターはすごく静かな女の子だったので、彼女らしいクールな雰囲気をどう出そうかなというのはとても考えました。私自身の性格もクールという感じではなくて、これまでも元気でハツラツとした役が多かったので、クールな一面を表現するために声のトーンを少し下げてみたり、ズバッと想いを伝える場面では強弱をつけて太い声で発声したり、細かな工夫を心がけました
pattern_1
――福原さんご自身にも、言いたいことが言えないという不器用な一面があるんですね。大人になるにつれて、福原さんの中では少しずつ克服できている実感はありますか?

福原 小さい頃は全く自分の意見が言えなくて自信を持てずにいたのですが、大人になるにつれて言えるようになってきました。きっかけは、お仕事を通していろんな方とお会いしたりコミュニケーションをとらなくてはいけない環境を経験したりしたことが大きく影響しています。子役の頃から大人のスタッフの皆さんが私の意見を聞いてくださって、すごく寄り添ってくださっていたので、それも私の中では大きくて。そこから少しずつ自分の意見をしっかり持ち、周りに伝えられるようになってきた実感があります。
次のページ>>役者を辞めようか迷ったことも。福原さんの人生を変えたのは、とある人との出会いにあった  
40 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ