ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン

近藤春菜「芸人の世界を逃げ出したくなったことは」と聞かれて?【好きを楽しむ女芸人が語るプロ論】

好きを楽しむ女芸人が語るプロ論

名だたる先輩芸人たちが、そのいじりに対する返しのうまさやバラエティでの立ち振る舞いを絶賛する。ハリセンボンのツッコミ、近藤春菜さん。デビュー後すぐにブレイク、2回のM-1決勝進出も果たし、長らくテレビのど真ん中で活躍している。移り変わりの早い芸能界で、彼女がずっとナンバーワン女芸人と呼ばれ続けるのはなぜか。笑いに対してひたむきにいられる秘訣は。全ての働く女性に捧げる、近藤春菜の「好き」至上主義的プロフェッショナル論。

好きが1個でもあれば、人生はめっちゃ楽しい

pattern_1
ネタ作りの難しさ、バラエティで求められる瞬発力……厳しい芸人の世界を逃げ出したくなったことはなかったか。この質問には大きく首を振った春菜さん。

「それが一度もないんですよね。もちろん大変なこともあるし、落ち込むことも多々ありますけど、それ以上に子供の頃から憧れてたものに今なれてるっていう、ずーっと夢心地な感じなので。『好き』とか『やりたい』が不安や怖さに勝ってたから今まで続けてこられたんだと思う。やっぱ『好き』は一番大事なのかなと思います」

「好きに関しては別に仕事じゃなくてもいい。すごく好きな趣味があったとして、そのためなら多少大変なお仕事もがんばれるじゃないですか。だから好きがどっかに1個でもあれば、人生めっちゃ楽しいし、好きがたくさんあったらもっと楽しい。あと大切なのは、好きなものは好きって言葉にすること。好きって言ってるだけで不思議とそっちの方向に行けると思うんですよね。

私の『好き』を誰かが聞いてて『あ、そうなんだ』って導いてくれたりするので。言わなかったら何にも起
こらない。好きは言ったもん勝ちです(笑)」
徳男キャラの時はカメラがないところでも100%徳男。私服に着替えた後のインタビューでは質問ひとつひとつに真摯に答える落ち着いた女性。そのギャップに“プロ”を感じずにはいられなかった。

「これからも『有吉の壁』みたいなゴリゴリのバラエティにコンビで出られたらいいなと思うし、コロナ禍でストップしてしまってるところはあるんですけど、ライブをやってお客様の生のリアクションが返ってくる喜びももっと体験したい。ライブに来られない人たちには配信という形でも届けたい。

あとはいろんな人になってみたいっていう願望があるので、お芝居にもチャレンジして、自分でも知らなかった一面を発見したいっていうのもありますね。私を身近に感じてくれてるのか、最近インスタのDMに結婚相談とか来るので(笑)、SNSではより寄り添える存在でいたい。とにかく! 私はこのお仕事が大好きなので、ずっとやらせてもらいたいなって思ってます」
[近藤春菜(ハリセンボン)]パジャマセットアップ¥11800/ポシェ メンズTシャツ¥990/ギャップ(ギャップ新宿フラッグス店) メガネ各¥48400/ジャック デュラン(ジャック デュラン ジャパン) ネックレス各¥19800、プレートリング各¥11000/atelier
ST,CAT スニーカー¥6380/コンバース(コンバース インフォメーションセンター)

Profile

1983年2 月23日生まれ、東京都出身。2003年に箕輪はるかと共にお笑いコンビ・ハリセンボンを結成。2005年にコント番組『10カラット』に抜擢されブレイク、その後様々なバラエティ番組で活躍。「○○じゃねーよ」のツッコミでもおなじみ。

続きはwith9月号でお楽しみください♥

こちらの記事もオススメ!

pattern_1
撮影/今城純 スタイリスト/石川美久 ヘア&メイク/megu 取材・文/西澤千央 デザイン/ムネノコズエ 撮影協力/AWABEES

●再構成with online編集部  ●商品情報はwith2021年9月号発売時点のものです。
 
20 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ