ピープル
#わたしたちの憧れアイコン

自分なりの幸せを見つけるためのヒント集が発売!『わたしたちが27歳だったころ』【人気連載が書籍化!】

幸せの定義が変わってきた今、自分なりの幸せをつかみとるためのヒント集「わたしたちが27歳だったころ」が4月20日に発売! 今回は、ありとあらゆる業界で活躍する女性たち25人からのエールが詰まった1冊を解説します。
さまざまな分野で活躍する先輩たちに27歳だった頃の話を聞いてきた、withの人気連載「わたしが27歳だったころ」が、with4月号インタビューの一部を加え、ついに書籍化!

「女性の20代後半は、30歳というなんとなくの節目が見えてきて、本当に悩みが多い」。
取材した皆さんに共通する意見。何を選び、何を大切にしてきたのかあらためて振り返ってもらうと、そこには今を生きる私たちへのヒントがつまっていました。読めば心が穏やかになり、明日を生きる勇気が湧いてくる一冊です!
pattern_1
悩んで、迷って、「わたし」になった 25人からのエール
『わたしたちが27歳だったころ』


仕事、結婚、出産……人生は選択の連続。
そして、幸せの定義だって、1つじゃない。
さまざまな分野で活躍する先輩方は、27歳だった頃、
何に悩み、どんな生き方を選択し、今何を思うのかーー。
人それぞれ生き方があり、悩むタイミングもやり方も1人1人違う。
でも、誰もが悩み、もがいて、走ってきたからこそ、今がある。
俳優、映画作家、脚本家、宇宙飛行士、映画字幕翻訳者、ドラマプロデューサー、など
時代をつくり、活躍する女性たちが語る「わたし」ヒストリー。

4月20日(水)搬入発売
講談社刊 1540円(税込)
ISBN 978-4-06-527999-1
【今回エールを贈ってくれる、25人をご紹介】

01菅野美穂(俳優)
「“焦ってよかった”と思えるまで走り続けて」

02永作博美(俳優)
「20代は、選択する力を養う修行の時間なんだと思う」

03河瀨直美(映画作家)
「自分が自分らしく居られる場所を掘り下げて」

04野木亜紀子(脚本家)
「夢やビジョンがなくたって、人生はまだまだこれから」

05紅ゆずる(俳優)
「立ち向かわずに凌ぐだけでも、大丈夫」

06吉瀬美智子(俳優)
「取り柄がないと思うなら、明確な目標を立てること」

07優香(タレント・俳優)
「“ここしかない”、“これしかない”って、思い込みかも」

08佐々木恭子(フジテレビアナウンサー)
「カッコ悪くても、愚直に行けば想いは届く」

09吉田羊(俳優)
「20代の自信に、根拠なんかなくていい!」

10大竹しのぶ(俳優)
「自分が大事にしたいものを、信じてさえいれば」

11北川悦吏子(脚本家・映画監督)
「休むことだって、誠実に生きるということ」

12向井千秋(宇宙飛行士)
「人間の命は有限。“後悔先に立たず!”で挑戦を」

13海野つなみ(漫画家)
「ボール球も時代が変わればストライクになる」
14山口智子(俳優)
「試練に立ち向かった日々は、新たなチャレンジの力になる」

15安野モヨコ(漫画家)
「試練が訪れるのは成長できる時期だからこそ」

16夏木マリ
「本気で動けば、可能性はグンと広がる」

17風吹ジュン(俳優)
「経験が少ないときほど自分の感覚も大切に」

18大和和紀(漫画家)
「ピークはこれから。20代は、地道に努力してみて」

19村木厚子(元厚生労働事務次官)
「仕事と育児の両立が辛いなら、借りを作る時期があってもいい」

20長谷川京子(俳優)
「1日1日を乗り越え続けると、自由な世界が広がっていく」

21倖田來未(アーティスト)
「全力を出し切ったら、自分を労うことを忘れずに」

22新井順子(ドラマプロデューサー)
「仕事も人間関係も、まずは面白がることから」

23戸田奈津子(映画字幕翻訳者)
「目標の近くにいれば、夢は叶う」

24本谷有希子(劇作家・小説家)
「今抱えているコンプレックスは、無理に解消しないで」

25野田聖子(衆議院議員)
「真面目に頑張り過ぎずに、“ふつう”の願望を叶えよう」

内容を一部、先行公開!

pattern_1
pattern_1
pattern_1

ご予約はこちらから!

18 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ