ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン

【あなたは共感できる? アラサー女子たちの“友達事情”】「親友」と呼べる友達がいる人は何%?コロナ禍で付き合い方に変化はあった?

最近の働く女子たちの友達事情をリサーチ!

この世界はいろんなLOVEで満ち溢れているけれど、友達って、やっぱり一生の宝物だ。辛い時も楽しい時も、分かり合える人がいるからこそ心が元気になったり、また前を向けるエネルギーになる。

今回、まるでルームメイトと過ごすようなストーリーの中で、親友役を演じてくれたのは今田美桜さん。今日はたっぷりと、一緒に“友達”にまつわる話をしよう。
pattern_1
タートルネック¥39600、スニーカー¥21450/メゾン キツネ(メゾン キツネ カスタマーセンター) デニムパンツ¥19800/ワンティースプーン(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) スカーフ¥3080/ビーミング by ビームス(ビーミング ライフストア by ビームス 横浜ポルタ) イヤカフ¥4200/グレイ

【PROFILE】

いまだみお●1997年3月5日生まれ。福岡県出身。テレビドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』の出演がきっかけで注目を集め、ブレイク。NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』等、多くの作品に出演。やCMなど幅広く活躍している。現在、紅一点として出演した映画『東京リベンジャーズ』が大ヒット上映中。
今回は、コロナ禍を経て、友達関係がどう変化しているのか、改めてwith読者たちのリアルな声をお届け。あなたが共感できる回答はありますか?

Q1. 親友と呼べる友達はいますか?

YES……80%

Q2. コロナ禍を経て、友達との付き合い方に変化はありましたか?

YES……78%

■「本当に会いたい人が絞られて、グループよりマンツーマンで会うように」(20歳・アパレル販売)
■「衛生観念や意識の違いがきっかけで、信頼関係のバランスが崩れた」(26歳・会社員)
■「気軽にごはんに誘えなくなった」(35歳・公務員)
■「会えなくなり友人の大切さを痛感。2ヵ月おきにオンライン女子会を必ず開くように」(28歳・事務)
■「外に出る機会が減るからこそ、人間関係を断捨離した」(25 歳・会社員)

気軽に集まれない分、本当に会いたい人を見極めるようになったという声が多数。感染症予防に対する意識の差も友達関係に大きく影響した模様。
次のページ>>新しい友達とはどうやって出会いますか?  
31 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ