ピープル
#わたしたちの憧れアイコン

女優・久保田紗友の“マイペースのススメ”。鍵となるのは優しい<もう一人の自分>と親しい友人の存在!?

舞台・パルコプロデュース2022『VAMP SHOW ヴァンプショウ』のほか、ドラマ『雪女と蟹を食う』、『トモダチゲームR4』に出演されている女優・久保田紗友さん。今回は、ご自身の気持ちのコントロールの仕方やオフの日の過ごし方などについてお話を聞きます。

自分をいたわるために<もう一人の自分>が優しくモニターしている

pattern_1
――前回は、ご自身の気持ちに正直でありすぎるのも大変だということでした。気持ちや情緒をうまくコントロールするコツは何でしょうか?

久保田 起きた物事によって気持ちも変わると思うのですが、例えば、落ち込むような出来事が起きたとして……私は落ち込む時はとことん落ち込むようにしています。自分の中に<もう一人の自分>がいて、その<もう一人の自分>が「落ち込んでもいいよ」とスイッチを押してくれるようなイメージです。

――その<もう一人の自分>、めちゃくちゃ優しいですね。

久保田 そうなんです。それでも、落ち込んでいられないこともあるじゃないですか。そういう時はもう、散歩したり、好きなモノを食べたり、家事をしたり、友人に話したり、お風呂にゆっくり浸かったり、サウナに行ったり……考えてみると、発散の仕方はたくさん持っていますね(笑)。無理に「元気にしなきゃいけない」と思ってするのではなくて、好きなように過ごす感じです。
pattern_1
――たくさんあるというのはそれだけで一つのコツな気がしますね。爆発したり倒れたりしないように、<もう一人の自分>が現れるのでしょうか?

久保田 <もう一人の自分>というと不思議な感じになってしまうのですが……。わりと不調が体の症状としてあらわれるので、そこに自分が一番最初に気付いてあげられるようにモニターしているイメージですね。肌の調子が悪くなったり、口内炎ができたりした時は、それに早く気付いて、自分をいたわれるようにする……そういう感覚です。

「マイペースなのに“せっかち”」その心は⁉

pattern_1
――ご自身をいたわるというお話ですが、オフの日はどのように過ごされているのですか?

久保田 ピラティスに行って体を動かしているか、サウナに行って汗をかくかでしょうか。あと、コーヒーがすごく好きなので、おいしいコーヒー屋さんに行ったりします。友人と行く時もありますけど、基本は一人で過ごすほうが自分のスタイルだなと思って。私はすごくマイペースなんですよ。マイペースなのにせっかちなんですね。

――マイペースだけどせっかちとは、どういうことでしょうか? 

久保田 つねに自分のペースで動きたいと思ってしまうんですね。例えば、友人と何かをする時、時間配分を考えて予定を立てなきゃいけなくなりますよね。何時にサウナに入って、何時に出てどこに集合して、その後どこに行く……という具合に。でも、自分一人だと、サウナに好きなだけ入って、その後ご飯が食べたくなったら食べる、それが気楽なんですね(笑)。
――それをうかがうとマイペースでのんびりといった印象ですが、「せっかち」というのは?

久保田 他人が絡むと時間に厳しくなってしまうことがあって(笑)。例えば、私は友人と待ち合わせをする時は、絶対に遅刻しないんです。当たり前かもしれませんが、たまにルーズな人もいるので。約束して決めたリズムが乱れるのが嫌なんですね。だから、ひとたび時間を守るとなったらその時間に自分のリズムを合わせているんです。たぶん、そのリズムが合っている人ならいいのですが、リズムが合わないと、自分一人のほうが楽だなと思ってしまう。結局、今でも仲の良い友人たちは皆、同じようなタイプが多いですね。
次のページ>>自分にとって「友人はもはやファミリー」家族同然と思える関係
29 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ