ピープル
#わたしたちの憧れアイコン

俳優・橋本愛×蒔田彩珠「“観る順番で結末が大きく変わる”話題作、2人の役者にはどう映ったのか」

乙野四方字原作のふたつの恋愛小説「僕が愛したすべての君へ」と「君を愛したひとりの僕へ」がアニメ映画となって、10月7日(金)より全国にて公開。本作は、並行世界を行き来することができる世界で、ひとりの少年が、それぞれの世界の別々の少女と恋に落ちるラブストーリーで、“観る順番で結末が大きく変わる”と映画公開前からSNSで注目を集めている話題作。

各作品でヒロインの声優を務めたのは、『僕が愛したすべての君へ』瀧川和音役の橋本愛さんと『君を愛したひとりの僕へ』佐藤栞役の蒔田彩珠さん。これまで俳優としてスクリーンに強い印象を残してきたおふたりは、話題作をどう解釈して、どう演じたのか――。

「どの視点から見ても円環のようにつながっている、美しい作品です」

『僕愛』と『君愛』、ふたりの役者は脚本から何を感じたか

pattern_1
――『僕が愛したすべての君へ』(以下、『僕愛』)から先に観るとちょっと切ないラブストーリーに、『君を愛したひとりの僕へ』(以下、『君愛』)から先に観ると幸せなラブストーリーになります。おふたりは、『僕愛』と『君愛』はどちらから先に観ましたか?

蒔田彩珠(以下、蒔田) 『君愛』を脚本で読みました。『僕愛』からはまだ観られていないので、どんな感じなんだろうと楽しみにしています。

橋本愛(以下、橋本) 私も脚本をいただいてから読んで、自分が和音を演じたというのもそうですが、切ない結末を迎えてしんみりしたいなと思ったので、『僕愛』から読みました。
pattern_1
――おふたりはそれぞれ違う作品から観たんですね。どのような印象を受けましたか?

蒔田 私が演じた栞は、ある事故で“交差点の幽霊”になってしまう、少しフィクションっぽい要素があるけれど、並行世界を行き来できる世界をリアルに描いているから、現実にありそうな気がして、感情移入がしやすかったです。両思いの暦と栞の親が再婚をすることになって、「自分たちは恋人にはなれないんだ、じゃあ並行世界に行こう」と、知識がないがゆえに取り返しのつかない選択をするシーンは切なかったですね。

橋本 パラレルワールドは今の私たちが生きている時代では認知できない話だけど、高次元の世界に行ったからこそ味わえる多幸感みたいなものを、この映画で疑似体験させていただいて。「こういう世界、本当はあるかもしれないな」と肌身に感じられる感動体験でした。あと、ふたつの作品のどちらも、どの視点から見ても円環のようにつながっているのがとても美しいなと思いました。『僕愛』の暦さんが、『君愛』の暦さんの幸せを願うシーンがあるんですが、巡り巡って自分の幸せを願うなんて最高だなと。すごい体験をしたなと思いましたね。
――ふたつの作品を観ると、よりつながりを感じやすいかもしれませんね。

橋本 そうですね。でも『僕愛』も『君愛』もそれぞれ物語として完結しているので、ひとつの作品として何か届くものがあるのがこの作品の力だと思います。両方観せるために、売れさせようみたいな変な策略を感じないというか(笑)。一本の作品として作り上げようという制作の方々の作品にかける思いやパワーが私はすごく好きでした。
次のページ>>「作品ごとに異なる制作スタジオの個性を感じてください」
37 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ