ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン

白石麻衣「乃木坂46時代の可愛いで埋め尽くされた日々は、毎分毎秒ときめいていました」

【白石麻衣】まいやんと“新しい可愛い”を探す旅

with8月号通常版の表紙をミーアキャットと共に飾ってくれているのは、白石麻衣さん。

巻頭インタビューのテーマは、新しい可愛いを探す「旅」。世界中を旅して、ミーアキャットと戯れたり、ご飯を食べたり、お昼寝したり……。

今回はその中から、パリとメキシコで“可愛い”を見つけるまいやんをチラリとご紹介いたします!

ショッピング動画を撮影 @Paris

全身ショットのときは、まいやんが繰り出すポーズにスタッフ全員釘付け。特に指示はされなくても、自然な動きの一つ一つがダンスの振り付けのようにサマになり、その表情からは旅のストーリーも感じさせる。

アイドル時代に培われたダンスセンスの賜物か。しかもフォトグラファーの、「もう少し足を高く上げて」などの無茶振りも「このくらいでいいですか?」と華麗にこなす。
pattern_1
トップス¥5500 /ジャーナルスタンダード レリューム(ジャーナル スタンダード レリュームルミネ新宿店) デニムパンツ¥17380 /メゾンスペシャル(メゾンスペシャル 青山店) ハット¥41800 /フミエタナカ(ドール) シューズ¥28600 /ファビオ ルスコーニ(ファビオ ルスコーニ ヴィオロ 福岡店) 左腕のバッグ¥42927/スーザンアレクサンドラ(リディア)

乃木坂46に入ってわかった。嬉しさや楽しさや可愛さの種類って私が思っていたよりずっとたくさんあるんだなって。

「大人可愛い」「ぶさカワ」「カッコ可愛い」……。「可愛いって、なにに対しても使える、万能の言葉ですよね」とまいやんは言う。

「私自身、なにを見ても『可愛い』って言っちゃうタイプなんです(笑)。だから、私が好きな『可愛い』を説明しようとしても、結構いろんなジャンルがあって、限定するのはすごく難しい……」

でも、可愛いの使い方としては、たぶんそれが正しい。乃木坂46時代、可愛い女の子に囲まれて、自分の可愛さに無自覚なまま、まいやんは人の魅力を発掘し続けた。それが、今のよく笑い常にハッピーオーラを振り撒く彼女の、心の可愛さを磨くことにつながったのだ。

「可愛いで埋め尽くされた日々は、毎分毎秒ときめいていました。そんな中で気づいたのは、嬉しいとか楽しいとかにもいろんな種類があるってことです。心が動くときの色って一色じゃない。大人の感情ってすごくカラフルだし、ピンクにも淡いのや濃いのやいろんな色みがあるんだなって」

たくさんの人と会って、いろんな人を観察し、いろんなことを経験したことで、たくさんの喝采を浴びる喜びだけでなく、日常の些細なことに幸福を見つけられるようにもなった。

「この時期、お外にご飯を食べにも行けないけど、おうちで自分の食べたいものを作ったり、友達と連絡を取り合ってゆるゆるおしゃべりするだけで、ちゃんとハッピーになれます」
---
---

チルタイムで心を癒やす@Mexico City

ゆったりめのワンピースを身にまとい、エスニック柄のクッションに囲まれてリラックスモード。「寝ちゃってもいいよ!」という一言に目を閉じた瞬間さえも幸せそう。

まいやんの可愛さは、見ている人や一緒にいる人を幸せにするほどのパワーを持つ。それは、彼女がどんなときも前向きに明るく、心をときめかせながら生きているから。
pattern_1
ワンピース¥15180 /フリーダ(フリークス ストア渋谷) パールネックレス¥14300 /IRIS 47 ビーズネックレス¥3300 /ビーミング by ビームス(ビーミング ライフストア by ビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店) 手前のハット¥41800 /フミエタナカ(ドール)

続きはwith8月号をご覧ください!

本誌では、他にもメキシコ、東京など世界各国を旅し、まいやんの最新の「可愛い」がぎゅっと詰まったページとなっています。ぜひご覧ください!

↓こちらの記事もオススメ!

撮影/黒沼諭(aosora) スタイリスト/原未來 ヘア&メイク/林由香里(ROI) 取材・文/菊地陽子 ●再構成with online編集部 ●商品情報はwith2021年8月号発売時点のものです。
 
24 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ