ピープル
#わたしたちの憧れアイコン

漫画家 武内直子先生が「27歳だったころ」とわたしたちへのメッセージ「我慢は少しで充分。それよりも好きな事、夢中になれる事を楽しんで過ごして欲しい」

わたしが27歳だったころ。

【漫画家】武内直子先生 SPECIAL インタビュー Vol.3

超大作を生んだ武内先生は「27歳の頃」にどんなことに悩み、喜びを感じていたのか。お話を聞けば聞くほど、そこには等身大で人間味あふれる一人の女性がいました。今見えない壁にぶち当たっている全ての読者に贈る、武内直子先生の特別なメッセージ。

人とともに生きること

Q. 女性には恋愛の話は切っても切れないものです。27歳当時の武内先生にとって、恋愛はどんなものでしたか?
恋愛は必要。しかし忙しいとどうでもよくなったり。
仕事優先。彼氏は心の支えだけど
たまに仕事の邪魔だったり。いないと寂しいし……。
Q. 20代後半から30代にかけて、結婚、出産などについてどのように考えていらっしゃいましたか?
実際に先生ご自身がご結婚・出産を経験された今、27歳当時の恋愛や結婚に対する考えと比べて心境の変化はありましたか? 
27歳の結婚観はぼんやりしていました。多忙な仕事からの逃避で結婚したいと思っていたかも。実際結婚してみると、仕事の世界と夫婦の世界と2つに増え、行き来や切り替えが大変で、不思議な感じで。でも最後の夢がかなった感じ。大好きな人との結婚は想像以上に楽しく面白く、広大な海への冒険が始まった様でした。
次のページ>>ご自身の心の支えになる存在、もの、場所などはありますか?
58 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ