ピープル
#わたしたちの憧れアイコン

モデル・高山都「オシャレで居心地がいい部屋を作るヒントは“パリ”にあり!」【短期連載第6回】

「お花があると心が豊かに。10年前に比べて今は花瓶もだいぶ増えました」

pattern_1
あくまでも見せる収納をしているという高山さんにとって、花を飾ることは生活の一部。窓際には一輪挿しを、ダイニングテーブルには大きめの花瓶を置くのが日常の風景なのだとか。「花ってなくても困らないものだけど、部屋に飾っておくだけで心に潤いをもたらしてくれますよね。撮影でいただいた大きめの花束はそのまま花瓶に入れるのではなく、短く切ったり分けたりして飾っています。10年前はふいに花をもらっても花瓶があまりなくって『どう飾ろう?』と焦っていましたが、今や『どれにしよう?』と迷えるくらい増えてきて、大小さまざまな花瓶がそこかしこにあります」

そんな高山さんがwith読者におすすめする花瓶は?「手頃で買いやすいのは『KINTO』の花瓶。KINTOってグラスも透明度が高くって勝手に信頼を置いているんですけど、中でも上の蓋が真鍮になった『LUNA ベース』がおすすめ。蓋なしでも使えてアレンジできるから便利なんです。あまりに気に入りすぎて2個持っています(笑)。値段もそこまで高くないので、例えば誰かのお祝いで花を買って、花瓶もセットで渡したらちょっとした気の利いたプレゼントになると思います」
次のページ>>「引っ越したばかりの新居は、まわりに相談しながらすこしずつ更新中です」
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ