ピープル
#わたしたちの憧れアイコン

女優・大友花恋 料理と読書で過ごす休日「点が線になる瞬間が快感」

バラエティ番組にも数多く出演し、映画にドラマに大活躍の女優・大友花恋さん。明るく元気いっぱいな印象の大友さんも、オフの日は意外にも大勢で賑やかに騒ぐのではなく、一人で過ごす時間を大切にしているそうで……。そんな大友さんの貴重なオフの日の過ごし方についてお話を伺います。
前回の記事はこちら

圧力鍋で豚の角煮をコトコトと……いろいろな料理に挑戦してリフレッシュ

pattern_1

――オフの日はどのように過ごされていますか?

大友:最近はもっぱら家で料理をしています。もともと料理は好きでしたが、緊急事態宣言が出た頃からここ2年ぐらい、趣味程度ですがずっと継続しています。特別に「○○が作れます!」と自信を持っては言えないのですが、挑戦する心は常に持っています(笑)。家族から一番評判がよかったのは豚の角煮ですね。以前、いただいた圧力釜を使ってコトコトと。

――けっこう本格的ですね。外食よりも自炊のほうが多いのですか?

大友:自炊が多いです。基本的には自分へのご褒美に一人分を作って食べています。きれいに盛り付けて、写真を撮って、自分の中の記憶に残していくことが楽しくて。シチューやスパイスカレー、おから蒸しパンなど、ジャンルを問わずなんでも作ります。パンやお菓子は今もいろいろと挑戦しているところです。料理をしていると、気持ちがリフレッシュできるんですよね。
pattern_1

――大友さんならではのこだわりの食べ物や食べ方とかはありますか?

大友:私は納豆が大好きなのですが、付属のタレは使わずに、カツオだしを使った旨だし酢をかけて食べています。これがもう最高で。酸味の奥にカツオの香りが利いて、とてもおいしいんです。皆さんもぜひ真似してほしいです!
次のページ>>「点と点がつながって線になる」それが快感なんです
37 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ