withonlineロゴ
#わたしたちの憧れアイコン

寺島しのぶ~国際結婚、不妊治療、そして今…既存の価値観にとらわれない夫婦のカタチ~

SHARE

俳優 寺島しのぶさん【輝き続けるあの人の秘訣 Vol.1】

ライフステージの変化に合わせて、しなやかに。存在感を放つあの人はどうやって仕事と家庭を両立しているの?

妻として、母として、そして一人の“私”として、やりたいこと、やらなければならないことに折り合いをつけて、自分らしく前に進んでいく秘訣って何ですか? 今回は寺島しのぶさんにお話を伺いました。
pattern_1
 

迷ったとき、立ち竦(すく)んでしまいそうなとき、考えるのは“格好いい生き様”かどうか

待ち望んだ出産のあとに待っていたもの

2007年にクリエイティブ・ディレクターのローラン・グナシアさんと、結婚された寺島しのぶさん。「もう16年、まだ16年、一緒にいるのは、きっとまだお互い必要な部分があるんでしょうね」と語る、夫婦の通過点とは――。

「私が結婚するときには、女優を辞めるという選択肢はありませんでした。私自身、続けたい気持ちがあったし、それ以上にローランが『女優を辞めたら結婚しないよ』と言ったんです。『あなたがやっていることは素晴らしい』とリスペクトしてくれたんですね。

子どもができたら、少しは仕事をセーブしなくてはいけないかなとは思っていたものの、なかなか恵まれず、ようやく授かったときには不妊治療を始めて6年が過ぎていました。やっぱり、そこにはいろいろな想いがあったし、気負いもあったのかもしれません。いざ子育てが始まったらプチ鬱みたいになってしまって……。

1年間は休むつもりでいたのに、このままではどうにかなってしまうと思い、3ヵ月で仕事に復帰。全然違う自分になれる場所があったことが救いになりました」
次のページ>>仕事で子どもと離れたぶん、一緒の時間を濃密に過ごせばいい
 
35 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS