ピープル
#わたしたちの憧れアイコン

乃木坂46・与田祐希が語る「大きな成長を感じた瞬間」地上波連続ドラマ初主演『量産型リコ』インタビュー

テレビ東京系で放送中のドラマ『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』(地上波放送後よりdTVにて見逃し見放題配信中)にて、地上波連続ドラマ初主演を務めている乃木坂46の与田祐希さん。今回はwith onlineに初登場していただき、作品にまつわるお話を語っていただきました。

与田さんが演じる小向璃子は、新たな趣味との出会いを通じて少しずつ人間的に成長していく役どころ。そんな成長への小さな一歩を励ましてくれる作品にあわせて、与田さんのお仕事やプライベートでの「大人への一歩」をインタビューしました。

「小向璃子は驚くほど普段の自分にそっくりな役でした」

pattern_1
――はじめに、ドラマの見どころを教えてください。

『量産型リコ』は派手な物語というわけではありませんが、平凡に生きている女の子の小さな幸せや身近なドキドキ、ワクワクを感じられる作品です。だから観てくださる方にはリラックスした気持ちで楽しんでもらえたら嬉しいなと思っています。

――新しいことに挑戦する一歩を踏み出す勇気をくれる作品だとも思います。

「明日も頑張ろう!」と思えるような、そっと背中を押してくれるドラマになっているので、観たあとはほっこりした気持ちで眠りにつけるんじゃないかな(笑)。心地良い気持ちになってもらえたら嬉しいです。
pattern_1
――与田さんが演じたのは、プラモデルという趣味と出会って成長していく主人公の小向璃子。この役の第一印象はいかがでしたか?

普段の自分にそっくりな役柄で驚きました。「私のことを知っている人が書いたのかな……?」って思ってしまうくらい(笑)。私自身、学生時代はみんながやっているという理由だけでテニス部に入ってみたり、休日は特に趣味もなく家でダラダラと過ごしていたり……。それこそ平凡なタイプだったので、璃子の性格や考え方にはすぐに共感できました。
次のページ>>「2000年生まれが3人もいて、“のほほん”とした撮影現場だった」
44 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

“与田祐希”の記事一覧

あなたへのおすすめ