ピープル
#わたしたちの憧れアイコン

【4月20日『わたしたちが27歳だったころ』書籍発売】優香「『王子様が人生を劇的に変えてくれないかな』なんて夢想もした」31歳で感じた“意外な気づき”

4月20日、書籍『わたしたちが27歳だったころ』の発売が決定。刊行を記念して、書籍に収録されているインタビューの一部を特別公開!

わたしが27歳だったころ。

withの人気連載が1冊の書籍に! 
様々な分野で活躍する大人の女性たちにも、私たちと同じ、27歳のときがありました。「わたしが27歳だったころ」と題して、彼女たちが当時、何に悩み、どんな努力をしてきたのかを伺ってきました。センパイたちの経験から、素敵な大人に近づくヒントが見つかるはず!

タレント・女優 優香さん

ノーメイクでスタジオに入った瞬間から、ツヤツヤ、ホワホワのハッピーオーラが溢れる。顔立ちやスタイル以上に、醸し出す雰囲気がとにかくキレイ。自分の苦い経験も、「今となったら笑い話です」と、惜しみなく披露してくれる、めっちゃ頼れて、でもどこか守りたくなる40代。
pattern_1
トップス¥20000/アンスリード(アンスリード青山) スカート¥22900/A│Xアルマーニ エクスチェンジ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン) イヤリング¥18500/セシル•エ•ジャンヌ
【PROFILE】ゆうか●1980年生まれ。東京都出身。スカウトされたことをきっかけに芸能界入りし、テレビ、映画、舞台などで幅広く活躍。

最終的には時間が解決してくれる。私の場合は30歳を過ぎて、肩の力がスーッと抜けた。

20代の後半は、目の前にずっと靄(もや)がかかってるような感じでした。「早く30歳になりたい!」って、そればかり考えていた気がします。

デビューしたのが17歳で、当時は大人と過ごすことが多くて早く20歳になりたかった。でも、20歳になったところで何も変わらなかったんです(笑)。

歳を重ねるにつれて徐々に責任のあるお仕事をいただけるようになってきて、頑張らなきゃと思う反面、期待に応えられなくて落ち込んだり。楽しいこともたくさんあるけど、その分うまくいかないとすごく苦しかった。気持ちが、毎日揺れ動いていました。

27歳というと、恋愛トークバラエティ『グータンヌーボ』のMCをしていた時期です。番組が長く続くようになると、今度はそれがプレッシャーで。たくさんの人が見てくださっているということは嬉しいし素晴らしいことなんですけど、どこかで“現状維持”が目的になってしまっているような気がして……。

もともと慎重派だったりもしますけど、仕事でもプライベートでも、「ノー」が言えなかった。いつか、少し波風立つことになったとしても、ちゃんと自分の意見が言えたらいいな、なんて考えたり。そんな気持ちを、事務所の人に相談したら、あんまり上手く伝わらず、モヤモヤだけが残ってしまって。
もともと、人と話す時に、「これを言ったら嫌な気持ちになるのかな?」とか「傷つかないかな?」とか考えてしまうタイプなんです。その割に、なかなか相談ができない。ここは私の嫌なところなんですが、「相談したことを誰かにしゃべられたらどうしよう?」って疑っちゃうんです(笑)。なので物事が落ち着いてから人に話してスッキリさせていました。

「突如、白馬に乗った王子様が現れて、人生を劇的に変えてくれないかな」なんて夢想したりもして(笑)。30歳になれば何か変わるかもと思っていたのに、何も起こらなくて。31歳でやってきたんです。「おっ!」っていう気づきが。

\続きは書籍で!/

「わたしが27歳だったころ」が書籍になりました!

悩んで、迷って、「わたし」になった 25人からのエール
『わたしたちが27歳だったころ』
仕事、結婚、出産……人生は選択の連続。
そして、幸せの定義だって、1つじゃない。
さまざまな分野で活躍する先輩方は、27歳だった頃、
何に悩み、どんな生き方を選択し、今何を思うのかーー。
人それぞれ生き方があり、悩むタイミングもやり方も1人1人違う。
でも、誰もが悩み、もがいて、走ってきたからこそ、今がある。
俳優、映画作家、脚本家、宇宙飛行士、映画字幕翻訳者、ドラマプロデューサー、など
時代をつくり、活躍する女性たちが語る「わたし」ヒストリー。
pattern_1
2022年4月20日(水)搬入発売
講談社刊 1540円(税込)
ISBN 978-4-06-527999-1

■こちらの記事もおすすめ

撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/宇賀愛 ヘア&メイク/AYA(LA DONNA) 
取材・文/菊地陽子 ※再構成 with online編集部 ※商品情報、本文はwith2021年4月号発売時点のものです。
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ