ピープル
#わたしたちの憧れアイコン

【4月20日『わたしたちが27歳だったころ』書籍発売】映画監督 河瀨直美「映画っていいなあ」と心から思えた『萌の朱雀』撮影中の出来事

4月20日、書籍『わたしたちが27歳だったころ』の発売が決定。刊行を記念して、書籍に収録されているインタビューの一部を特別公開!

わたしが27歳だったころ。

withの人気連載が1冊の書籍に! 
様々な分野で活躍する大人の女性たちにも、私たちと同じ、27歳のときがありました。「わたしが27歳だったころ」と題して、彼女たちが当時、何に悩み、どんな努力をしてきたのかを伺ってきました。センパイたちの経験から、素敵な大人に近づくヒントが見つかるはず!

映画監督 河瀨直美さん

一夜明けたら、自分への世界の評価が一変していた__。

『萌の朱雀』にて第50回カンヌ国際映画祭、カメラ・ドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞。
27歳にして全世界からの注目を一身に集めるような体験をした河瀨さんは、誰もが夢見る世界の中心にいながら、次第に居心地の悪さを感じるようになったという。そんな折、自分の中にある真実に気づかせてくれる“生きた言葉”と出会った。
pattern_1
ブラウス¥40000、ジャンパースカート¥63000/ユーモレスク ピアス¥98000/カスカ
【PROFILE】かわせなおみ●映画作家。27歳の時、『萌の朱雀』にて第50回カンヌ国際映画祭、カメラ・ドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞。奈良を拠点に映画を創り続け、リアリティを追求した作品は、カンヌ国際映画祭をはじめ国内外で高い評価を受ける。

世界に表現活動を広げる一方、故郷奈良において「なら国際映画祭」をオーガナイズしながら次世代の育成にも力を入れている。2025年大阪・関西万博テーマ事業プロデューサー兼シニアアドバイザー、バスケットボール女子日本リーグ会長、ユネスコ親善大使を務める。総監督を務めた記録映画『東京2020オリンピック』は2022年6月公開。

すべては“好きこそものの上手なれ”。何が本物で何が真実かは、自分で決めればいい。27歳がどんな時期かだって人それぞれです

手書きの脚本を抱えて、深夜バスにゆらゆら揺られながら8時間。朝靄の中を新宿に降り立ったのが、今から約4半世紀前(笑)。私が26歳の時でした。

当時から面識のあった撮影監督が、手書きの脚本をワープロで打ち直してくださって。しばらくしてWOWOWのプロデューサーから、「映画にしませんか?」というオファーが届きました。バジェットは3000万円。当時の私では逆立ちしても貯められない金額です。「やった!」と思いました。

『萌の朱雀』は、ドキュメンタリーばかり撮っていた私にとっての、初めての長編映画です。使える時間は全てその映画に注ぎ込みたかったので、奈良の自宅から通えるところをロケ地にしました。

主演の尾野真千子さんもまだ素人でしたが、撮りながら、何より彼女の成長ぶりにワクワクさせられました。いとこの兄ちゃんから、「お母さん、倒れたで」と言われて走り出すシーンがあるんですが、台本には「走り出す」とは書かれていなくて。“走る”という衝動は、彼女の中から自然に湧き上がったものでした。

その瞬間をフィルムに収められた時、「映画っていいなあ」って心から思えたんです。映画を撮ることによって、本来は何もないところから、思いがけない感情や衝動が生まれてくる。そこに、人間の真実があるんじゃないかと思いました。
次のページ>>華やかに見える世界で、私の心は徐々に孤立していった
31 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ