ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン

綾瀬はるかのステイホーム「へルシーなものばかり食べていると、たまに体に悪いものも入れたくなる」

綾瀬はるかさんと ひと休み、ひと休み

心地よく過ごすためのヒント

ステイホームしているのに、なんだか疲れる。テレワークだと生活にメリハリがない。おうち時間を充実させようと、頑張りすぎてしまっていませんか? 

そんな時は、あわてない、あわてない。ここらでちょっと、ひと休み。どんな時でも健やかで美しい綾瀬はるかさんがたどり着いた、自分らしく、心地よく過ごすためのヒントを教えてもらいました。
pattern_1
チュニックシャツ¥10000/ユウ(アダストリア)

和食とお出汁でヘルシーに

和食が大好き。野菜と肉を中心に、ずっとお家のご飯だったせいかコロナ禍で3㎏くらい痩せちゃいました。あまり代わり映えがしないから、自分の料理を食べるのに飽きてしまったのかも。あれ、この私があんまり食欲がないなんて!って。

だから、食欲があるのってすごくありがたい。食べることに飽きる、食べることに興味がなくなるって、人生の楽しみが半減するみたいで、すごく切ないことなんだなって。ずっとへルシーなものばかり食べていると、たまに体に悪いものも入れたくなりますね。
pattern_1

トウモロコシの天ぷら

去年はこっそり料理を習いに行ったりして、揚げ物にも挑戦。夏にハマったのがトウモロコシの天ぷら。ポロポロのトウモロコシが甘くてジューシーで美味しいですよね。

友だちに振る舞ったりもしたのですが、たまにトウモロコシの中の水分が出て油がすごく跳ねて、お友だちがちょっと火傷しちゃったりして。それ以来、怖くてトウモロコシの天ぷらはお休みです……。
pattern_1

一つのことを深く味わう

いまの私たちの中には、“ながら”に慣れちゃってる人もいると思うんです。食べながらテレビを観る、とか。一つのことに向き合って、じっくり味わうということが結構できていないなって。

お風呂に入って気持ちがいいってことを味わったり、ご飯を食べて美味しいってことを味わったり。そういう時間をもっと大事にしたいなと思っています。

「ながらはしない!」って思っていても、ついしちゃう。でも、心地よいこと、自分にとって気持ちいいことは、もっと深く味わった方がいいなと、最近感じています。
pattern_1

PROFILE

綾瀬はるか(あやせ·はるか)
1985年広島県生まれ。映画『奥様は、取り扱い注意』が全国公開中。

綾瀬はるかさんが表紙を飾るwith5月号では、綾瀬さんが自分らしく、心地よく過ごすための13のヒントについてお話を伺っています。続きは本誌をご覧ください!

撮影/菊地泰久(vale. ) スタイリスト/山本マナ(Snow) ヘア&メイク/中野明海(air notes) 取材・文/西野入智紗 協力/AWABEES、UTUWA ●再構成with online編集部 ●商品情報はwith2021年5月号発売時点のものです。 ・この記事は3月27日発売with5月号が元記事のため、記事内の商品価格は外税になります。
 
22 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ