ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン

【リトグリ】意外な告白の裏側「クラスの同級生だったら友達になれていなかった」

ボーカルグループ Little Glee Monster

昨年はすべての有観客ライブ活動を休止。12月にメンバーの芹奈さんが休養を発表して、4人だけで紅白歌合戦のステージに立った。デビュー以来最大の逆境に直面しても、リトグリは歌うことをやめない。
pattern_1
(左から)KAREN、MAYU、MANAKA、ASAHI

仲間がいるから強くなれる

1月下旬、全国アリーナツアー皮切り公演を成功させたリトグリ。緊急事態宣言下で不安を抱えながらも、初日の日本武道館公演を決行した。

MAYU 「ツアーを中止する選択も考えましたし、4人での大規模なライブが初めてだったこともあり、なかなか前向きになれない日もありました。それでも、やっぱりステージで歌うことが私たちの一番の幸せですし、応援してくださる方々の希望に少しでもつながれば嬉しいなと」

かれん 「残念ながら開催中止になってしまった会場もありますが、いつでも全力で歌えるように準備だけは整えておきたいです」
 
パフォーマンスも、精神面においても、メンバー同士で支え合えることがグループの強み。デビュー7年目を迎えたリトグリには、すでに逆境に負けない絆が培われていた。

アサヒ 「私はもともとネガティブなタイプなのですが、落ち込んだときには必ずメンバーが元気づけてくれるので。この5人でいる限り、私は歌い続けられると思います」

manaka 「去年20歳になった私は、13歳からリトグリなんですよ。メンバーとは家族よりも一緒にいる時間が長いし、お互いの得手不得手を知り尽くしているので。年々、居心地のいい場所になっています」

MAYU 「すぐ近くにメンタルサポーターが4人もいる感覚です」
インタビュー中も、誰かが発言すると必ず他のメンバーが「うんうん!」と同調。肯定の文化が根付いているのは間違いない。

manaka 「言われるまで気づきませんでしたが、MV撮影現場などでも一人一人のシーンを全員で見守っています。褒め讃えることもよくあります(笑)」

MAYU 「ヤジを入れて爆笑させてしまうことも多いので、使えない写真ばかり撮らせてしまいがち(笑)」

かれん 「歌においても、切磋琢磨してきたことで以前よりも幅広いテイストの楽曲に挑戦できるようになったと思います。5人だからアカペラやハモりもできるし、本当にグループでデビューできてよかったです」

無理に不安を隠さず、メンバーと寄り添いながら団結してステージに立つ。だからリトグリは、人々の背中を押すメッセージソングに説得力を持たせることができる。「好きなこと」で結ばれると、女子は強い。

MAYU 「同じクラスの同級生だったら友達になれていなかったと思うくらい、性格も趣味もバラバラなグループなんですけどね(笑)」

アサヒ 「本当に、歌という共通点がなかったら出会えていなかったし、仲良くなれなかったかもしれません。来世で出会ったとしても、一緒に歌っている姿しか思い浮かばないです」

かれん 「うんうん! でも、まだまだ現世で歌い足りてないから(笑)。次のライブが待ち遠しいね」

manaka 「70歳ぐらいまで歌えるかな!?辛いこともあるかもしれないけれど、本当に気持ち次第で人生の可能性はどんどん広がっていくと私は信じています。みなさん、健康第一で一緒に頑張りましょう!」

PROFILE

2014年「放課後ハイファイブ」でメジャーデビュー。今年は1月に初のベストアルバム「GRADATI∞N」をリリース。全国アリーナツアー「Dearest」を1月よりスタート。

with独占!「Little Glee Monsterに5の質問」インタビュー動画はこちら!

Little Glee Monsterに「5の質問」盛り上がりすぎた果てに……!?

撮影/田中舞 構成/杉浦香 取材・文/浅原聡 ●再構成with online編集部 
 
14 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ