ピープル
#わたしたちの憧れアイコン

俳優・木戸大聖「なんで見ちゃうんだろう……これが恋なのか!と気づいた」

90年代後半とゼロ年代、そして現在の3つの時代が交錯し、20年余りに渡る忘れられない“初恋”の記憶をたどる究極のラブストーリー『First Love 初恋』が、2022年11月24日(木)よりNetflixシリーズとして全世界で配信がスタート。宇多田ヒカルのヒットソングからインスパイアされたオリジナルストーリーにおいて、主人公・並木晴道の青春時代を演じたのは今大注目の俳優・木戸大聖さん。並木晴道の中学時代から成人までのパートを演じきった木戸さんに、本作への想いから自身の初恋の思い出を聞いてみた。

キーとなるシーンで爆発するように流れてくる宇多田ヒカルの楽曲

pattern_1
時は1999年、弱冠15歳にしてその圧倒的な歌唱力と存在感によって瞬く間に新時代を象徴する歌姫として登場した宇多田ヒカルの躍進は、同時代を生きる若者たちにとって未来を明るく照らしていた。本作の主人公である並木晴道(佐藤健・木戸大聖)と野口也英(満島ひかり・八木莉可子)の二人もまさに、そんな時代の変化の音に衝撃を受けた男女として描かれている。溢れんばかりの瑞々しくも純粋な初恋が、時間とともに繊細に変化していく過程には、いつの時代も宇多田ヒカルの名曲がそばにいた。本作における楽曲の使い方について木戸さんはこう感じる。
pattern_1
「完成された作品を観るまでは、それぞれの回で宇多田ヒカルさんの楽曲がしっかりと流れているものだと思っていたのですが、実際は本当に物語全体の中でキーになるところでしか流れないんです。むしろ、その瞬間まで溜めたことでイントロが流れた瞬間に爆発するような、楽曲の力を強く感じる演出になっています。この作品における宇多田ヒカルさんの曲の力は本当に凄まじいものがありました」
次のページ>>よく聴いていた流行りの曲が、思い出や精神状態を呼び起こす
27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ