ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン
07.Feb.2021

土屋太鳳「田中圭さんだったら向き合える、と思った」豹変する演技を目の当たりにして…【映画『哀愁しんでれら』インタビュー】

まるで王子様のような完璧な男性と結婚――。童話では「めでたし、めでたし」となるけれど、本当に“その後”は幸せになったのだろうか……? 2月5日に公開となった映画『哀愁しんでれら』は、そんな幸せな結婚の“その先”が描かれている。

不幸のどん底から一気に幸せの絶頂へ駆けあがる、まさに“シンデレラ”となる主人公・小春を演じるのは国民的女優の土屋太鳳さん。真面目で普通だった女性が、幸せになれると思っていた「結婚」によって、次第に追い詰められていく姿を見事に演じ切っている。インタビュー前編ではオファーを三度断った理由や、演じた小春について伺ったが、後編となる今回は、共演した田中圭さんへの印象や、「幸せになりたい」と思う女性へのメッセージについて。

\前編はこちら/

「圭さんだったら向き合える、と思った」

pattern_1
――事故で妻を亡くして以来、ヒカリをひとりで育てているシングルファザーの医者・大悟。演じるのが田中圭さんだったことも、オファーを受ける決め手だったとか。

土屋太鳳さん(以下、土屋) 圭さんだったら向き合える、と思ったんです。大ちゃんは、優しくて紳士的で、小春にとっては本当に王子様みたいな人だったのに、結婚したとたんガラッと変わってしまう。その豹変ぶりを、圭さんだったらきっと自然に演じてくださるだろうな、と。怖さと優しさのどちらかに偏らず、この台本に息を吹き込んでいけるのは圭さんしかいないだろう、とも思いました。

――実際、演技を目の当たりにしていかがでしたか。

土屋 呼吸がすごくいい、と感じました。ヒカリを強く怒ってしまった小春に、最初は穏やかに話していたのにだんだんイライラが募って、「母親失格です」「出ていってください」と静かに激昂していく。豹変するとは言いましたけど、急に怒鳴りつけるとかではなく、じわじわいつのまにか“違って”いく感じが、さすがでした。対峙していて、私も本気でびびってしまうので、自然体の演技ができたと思います。

――大悟という人にはどんな印象をお持ちですか?

土屋 ふだん明るく見える人には同じくらい暗い部分がある、と私は思っていて。大ちゃんは、ヒカリという絶対に守りたい存在がいるからこそ強いけれど、同じだけ脆くもあるんです。そういうところを、小春も見捨てられなかったのかもしれないけど……私はもし小春みたいに怒鳴られたら、たぶん同じくらいの声量で怒鳴り返します(笑)。

――意外です。

土屋 相手より上回ると体力を使うしこじれてしまうから、同じくらいっていうのがポイントです(笑)。関係に上下ができてしまうのってやっぱりよくないじゃないですか。あとは、急所を理解しておくのも大事だと思います。知っていれば、とっさに抵抗できるし、なにがあっても切り抜けられますから。

――武闘派ですね(笑)。

土屋 アクションが好きなので……(笑)。ただ、弱いところを把握しておくのは、肉体的にも精神的にも大事なんじゃないかなと思います。そうすれば、相手を無駄に傷つけずに済みますし、自分を守ることもできるので。
次のページ>>「“努力の我慢”は一番よくない。不安や我慢があるなら、その感情をまず認めてあげるのが大事」  
20 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ